大会報道

全日本卓球2016 ジュニア男子準々決勝 小学生の張本がベスト4に進出!

2016.01.13

<全日本卓球選手権大会>

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会3日目は男子シングルス1〜2回戦、女子シングルス1〜2回戦、混合ダブルス4回戦〜準々決勝、ジュニア男子4回戦〜準々決勝、ジュニア女子4回戦〜準々決勝が行われた。ジュニア男子ではベスト4進出をかけた準々決勝が行われ、注目の張本(仙台ジュニアクラブ)が大会史上初の小学生での4強入りを果たした。

 

張本が沼村を破りベスト4進出!
 
緒方は高い技術を見せて髙見に勝利
 
木造は松山との同士打ちを制す
 
伊丹は出雲との打ち合いを制して昨年に続く4強入り
 

準々決勝の結果は以下の通り。
伊丹(野田学園高) 3-1 出雲(遊学館高)
木造(愛工大名電高) 3-1 松山(愛工大名電高)
張本(仙台ジュニアクラブ) 3-1 沼村(野田学園高)
緒方(JOCエリートアカデミー/帝京) 3-1 髙見(愛工大名電高)

 張本は沼村(野田学園高)と対戦。序盤は張本がスピード感あふれるプレーでリードを広げ、第1ゲームを先取した。一方の沼村は第2ゲームから大きなラリー戦に持ち込んで得点を重ね、1対1とゲームをタイに戻した。勝敗を左右する第3ゲームは張本がスタートダッシュに成功し、5-1とリード。沼村も応戦し、食らいつくが張本が打球点の早い攻撃で攻め切り、2対1と勝利に王手をかけた。第4ゲームもお互いに一歩も譲らない展開となったが、終始攻めの姿勢を貫いた張本が沼村を振りきり、ベスト4進出を決めた。
 ≫[動画]ジュニア男子準々決勝/張本vs沼村(バタフライTVプラス)

 張本のほかベスト4には、伊丹(野田学園高)、木造(愛工大名電高)、緒方(JOCエリートアカデミー/帝京)が勝ち残った。木造は松山との同士打ちを制して準決勝進出。互いの手の内を知っているだけにやりづらさもある中で勝利をつかんだ。準決勝は明日(1/14)の15時30分から行われる予定だ。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。