大会報道

全日本卓球2016 ジュニア女子は浜本由惟が初優勝!

2016.01.14

<全日本卓球選手権大会>

群雄割拠のジュニア世代で決勝に勝ち残ったのは浜本(JOCエリートアカデミー/大原学園)と橋本(四天王寺高)の2人。決勝はともにハイレベルなプレーを見せ、フルゲームにもつれる接戦となったが、最後は浜本が勝利をつかんだ。浜本は3年前のジュニア女子決勝で敗れたリベンジを果たし、涙の初優勝を飾った。
 

浜本がジュニア女子の頂点に立つ!
 
橋本は脅威の粘りで追いつくも優勝には届かず
 

<ジュニア女子決勝>
浜本(JOCエリートアカデミー/大原学園) 9,-7,2,-12,9 橋本(四天王寺高)

 第1ゲームは橋本の変化をつけたカットに対して浜本が丁寧に対応。つなぐボールと打ち抜くボールの緩急をつけた攻撃で得点を挙げた。一方の橋本も多彩なカット技術で浜本のミスを誘うなど、両者ともに一歩も譲らない展開でゲーム終盤へと進んだ。最後まで緊張感のあるラリー戦が展開されたが、橋本が9-10の場面でサービスミス。浜本が先制点を挙げた。
 第2ゲームも点差が離れない接戦となったが、中盤以降、浜本のドライブがオーバーミスする場面が増えて橋本がゲームを取り返した。
 第3ゲームは浜本がサービスからの3球目攻撃で5-1と大きくリード。その後も橋本の攻撃にミスが出るなど、浜本がペースを握り続けて11-2で第3ゲームを奪い、勝利に王手をかけた。
 第4ゲームも浜本が第3ゲームの良い流れを維持して6-1とリード。しかし、ここから橋本がカットからの流れるような攻撃などで4連続得点を挙げて浜本に迫った。その後、浜本の甘い返球を強打で打ち抜き、8-8と同点に追いつくと、ジュースに突入してからは浜本のマッチポイントを2度しのぐなど、驚異的な粘りでこのゲームを14-12でとった。
 迎えた最終ゲームは両者ともに質の高い攻防を繰り広げ、簡単には得点が生まれない展開となった。中盤にはエッジボールの行方を巡って試合が中断する場面もあったが、浜本が最後まで高い集中力と攻めの姿勢を貫いて念願の初優勝を果たした。
 浜本は3年前のジュニア女子決勝で敗れており、今回は見事そのときのリベンジを果たす結果となった。
 ≫[動画]ジュニア女子決勝/浜本vs橋本(バタフライTVプラス)

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。