大会報道

全日本卓球2016 男子シングルス6回戦 水谷、吉村らがベスト8に進出

2016.01.15

<全日本卓球選手権大会>

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会5日目は男子シングルス5〜6回戦、女子シングルス5〜6回戦、男子ダブルス5回戦〜準々決勝、女子ダブルス5回戦〜準々決勝が行われる。男子シングルス6回戦は水谷(beacon.LAB)吉村(愛知工業大)、丹羽(明治大)らがベスト8入り。準々決勝進出をかけてハイレベルなラリー戦が繰り広げられた。

 

水谷は町を破って8強進出を決めた
 
森薗に打ち勝ってベスト8入りを決めた吉村
 
丹羽は前陣だけでなく大きなラリー戦でもうまさを見せた
 
笠原はダイナミックなプレーで8強入り
 

 男子シングルス6回戦では水谷、吉村、丹羽といった優勝候補として挙げられる選手が勝ち上がった。水谷は町(明治大)と対戦。町のボールに合わず、第2ゲームを奪われたが、第3ゲームからはきっちりと修正して4対1で勝利を収めた。吉村は森薗(明治大)に4対2で勝利。サービスからの展開で試合を優位に組み立てて勝利をつかんだ。丹羽は上田(協和発酵キリン)にストレート勝ち。台上プレーで先手を奪うと、大きなラリー戦でも精度の高いボールを送り続けて8強入りを決めた。
 ≫[動画]男子シングルス6回戦/吉村vs森薗(バタフライTVプラス)

 5回戦で大島(早稲田大)を破った笠原(協和発酵キリン)は松下と対戦し、ゲームオールの激闘を制して8強入りを果たした。笠原は試合後、「試合をしたことがなかったので競るとは思っていました。相手にリードされて苦しかったのですが、最後は勇気を出してロングサービスを続けて出し、相手を崩して勝利することができたので良かったです」と、試合終盤での戦術について語り、喜びを口にした。6回戦の結果は以下の通りとなっている。

<男子シングルス6回戦>
水谷(beacon.LAB) 4-1 町(明治大)
酒井(明治大) 4-2 坪井(筑波大)
森田(シチズン) 4-2 村松(東京アート)
笠原(協和発酵キリン) 4-3 松下(明治大)
丹羽(明治大) 4-0 上田(協和発酵キリン)
張(東京アート) 4-2 上村(早稲田大)
吉村(愛知工業大) 4-2 森薗(明治大)
大矢(東京アート) 4-2 松平(協和発酵キリン)

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。