大会報道

全日本卓球2016 石川佳純が女子シングルス3連覇!

2016.01.17

<全日本卓球選手権大会>

女子シングルス決勝は3連覇を狙う石川(全農)と史上最年少優勝を狙う平野(JOCエリートアカデミー)が対戦。絶対王者の石川と次代を担う平野の一戦は挑戦者平野が迫る場面もあったが、最後は石川が王者たるゆえんを見せつけて3連覇を達成した。
 

石川佳純が3連覇達成!
 
石川は劇的な逆転勝ちで栄冠をつかんだ
 
平野は一矢報いるも王者には及ばず
 

<女子シングルス決勝>
石川(全農) 11-7,11-4,11-8,9-11,11-9 平野(JOCエリートアカデミー)

 絶対王者・石川と史上最年少優勝を狙う平野による決勝。卓球ファンだけではなく多くの注目を集めた。
 王者にプレッシャーを与えるために是が非でも先制点が欲しい 平野だが、石川が出だしから4連続得点とゲームをリード。3球目からのフォアハンドドライブの威力とスピードで平野を圧倒して試合を優位に進めた。対する平野は石川のループドライブをフォアハンドカウンターで決めるなど王者相手に一歩もひるまないプレーを見せた。しかし、点差を詰めたい場面でミスが出るなど、ゲームを奪うことができず。第1ゲームは11-7で石川が先制した。
 これで流れをつかんだ石川は第2ゲームも攻勢を仕掛けた。平野のサービスをフォアハンドの強打やチキータで積極的に攻めて試合を優位に進め、11-4でゲームを連取した。
続く第3ゲームは平野が前陣の速攻で攻め立てて石川をリード。しかし、平野が8-6とリードした場面から石川が怒濤の5連続点。ラリー戦で圧倒的な強さを見せた石川が逆転でゲームを奪い、優勝に王手をかけた。。
迎えた第4ゲームは、石川が第3ゲームまでの勢いそのままにゲーム序盤から主導権を握った。窮地に立たされた平野だったが4-8とリードを許したところから6連続得点を挙げた。平野は石川のミドルを徹底的に攻めて体勢を崩し、オープニングとなったフォアサイドを打ち抜く形がはまり、このゲームを11-9で奪った。
第5ゲームも平野が試合のペースをつかんだ。1-1から5連続得点を挙げるなど勢いに乗った。試合の流れが大きく変わったかに見えたが、石川は4-9からループドライブで得点して平野の勢いを止めると、このゲームで決めるという思いが伝わってくるような渾身のプレーで9-9と追いついた。その後、平野のサービスをレシーブから強打して10-9とマッチポイントを握ると、最後は平野を押し切り11-9で勝利。平成18〜20年の平野早矢香(ミキハウス)以来の3連覇を達成した。
 ≫[動画]女子シングルス決勝 石川vs平野(バタフライTVプラス)

■石川佳純のコメント
「優勝できてすごくうれしいです。今年は去年よりもレベルアップすることができ、全体的に自分のプレーができたので満足しています。昨年よりもサーブレシーブやラリーの中でのコース取りがよくなったり、前より速く動けるようになりました。全体的に動きも軽く、よく動けているので去年よりもずっといいプレーができていると感じています。
 決勝の平野選手は昨年のワールドツアーで対戦したときよりも強くなっていて、積極的に攻めてきてうまくなっていると感じました。前よりボールの質も上がってきて大人のプレーに近づいてきていると思いました。
 試合を振り返ると出足からサーブレシーブで先手を取り、ラリーの中でこちらから変化をつけることができていたと思います。3ゲーム目の競り合いを制して3対0にできたことが大きかったです。4ゲーム目に8-4でリードしていた場面で自分の攻撃が単調になった点は反省点ですが、5ゲーム目に4-9からばん回できたことはこの一年で成長した点だと思います。リードされても焦らずになんとかばん回できると思ってプレーすることができました。
 今年の全日本でいいプレーができて練習してきたことが間違いじゃなかったと感じられたので、今後はリオ五輪でさらにパワーアップしたプレーができるように練習に取り組みたいと思います。

■平野美宇のコメント
「サービスが台から出てしまい、そこから相手に主導権を握られてしまったのが1番大きかったです。4ゲーム目からは相手のサービスが短いことが多かったのでレシーブで工夫して、ラリーに持っていくようにしました。
5ゲーム目リードのところで石川選手はゆっくり落ち着いてプレーをしていたけど、自分は焦ってしまいました。
10月にコーチが変わってオリンピックの選考会も終わったので卓球を変えようと強化をしてきました。パワーで抜けることが去年より多くなったところが良かったです。これからは左利きの選手に対してコース取りを考えてパワーボールが打てるようにしたいです。
今年は世界ランク1桁になれるようにがんばりたいです。オリンピックの選考会も終わったので新しい自分になりたいです。同世代にたくさん強い選手がいるけど、高め合って自分が代表として2020年東京オリンピックで金メダルを獲りたいです」

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。