大会報道

世界卓球2016クアラルンプール初日 男子は初戦でベラルーシを完封

2016.02.28

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2016クアラルンプール(2月28日〜3月6日)、男子団体第1ステージ、初戦を迎えた日本の対戦相手はベラルーシ。警戒していたサムソノフが出場しなかったことも手伝って、日本は1ゲームも落とすことなく完勝でスタートを切った。
 

トップバッター、エースの水谷が危なげなく決めた

初出場の大島は持ち前の大きなプレーを随所で見せた

丹羽は厳しいサービス・レシーブで圧勝


<男子団体第1ステージ>
 日本 3-0 ベラルーシ

○水谷 5,10,3 プラトノフ
○大島 6,4,6 カーニン
○丹羽 3,4,3 ブラバノフ
 大島 ー プラトノフ
 水谷 ー カーニン

日本はサムソノフに強い大島をエース扱いで起用。3番には丹羽を置いて初戦への意気込みを見せた。対するベラルーシはエースのサムソノフがベンチ。日本は肩すかしを食らった格好になったが、ありがたい話だと言えるだろう。
トップは水谷対プラトノフ。第1ゲームは緩急のある落ち着いたプレーでプラトノフのミスを誘い水谷が先制。
第2ゲームは、プラトノフがリスクを負って攻撃。アンラッキーなポイントもあり競り合いになるが、水谷が集中力の高いプレーでジュースを制し12-10。
第3ゲームは水谷がスタートダッシュで4-0と引き離したところでプラトノフがタイムアウト。しかし、水谷が一方的に攻める展開が続き、台上バックハンドを決めるなど見せ場もつくった。エース水谷が危なげなく先制。

2番は大島対カーニン。世界卓球団体戦には初出場とあって動きには硬さが見られたがチキータからの展開で優位に立ち大島が先制。
第2ゲームは動きのよくなってきた大島が軽快な回り込みフォアハンドドライブを見せるなどして、主導権を握り11-4と圧倒。
第3ゲームは4-3と大島がリードしたところでベラルーシベンチがタイムアウト。しかし、大島の安定感のあるループドライブからのラリーで得点を重ね11-6で危なげなく、3番の丹羽にたすきを渡した。

3番は丹羽対ブラバノフ(WR375位)。丹羽は変化のわかりにくい縦回転系サービスでブラバノフを崩し11-3と先制。
第2ゲームも11-4と丹羽が圧倒。チキータで連続レシーブエースを決めるなどブラバノフを寄せ付けない。
第3ゲームもブラバノフはレシーブミスを連発。対する丹羽は相手の甘いサービスを見逃さずにすかさず攻撃とラリーにならない。サムソノフを欠いてはいたものの、日本は1ゲームも落とさずにベラルーシに完勝で好スタートを切った。

明日はシンガポールとポーランドと対戦が待ち構えている。

■倉嶋監督のコメント
こちらの構想としては1番で水谷をサムソノフに当てに行くつもりでした。昨年末のプロツアー・グランドファイナルで丹羽がサムソノフと対戦しましたが、そのときにちょっと難しいと感じたので、チャンピオンズリーグで勝っている大島を2番に起用しました。
レベルの差が大きかったのですが、選手全員が的確に試合をこなしてくれて、次につながる試合になりました。場の雰囲気にも慣れてくれたと思います。

■水谷選手のコメント
バックハンド全体の技術が調子よくありませんでした。初戦ということで緊張もありましたが、それを差し引いても僕自身の出来はよくなかったと思います。

ヨーロッパ選手はエースを温存するということがありますが、サムソノフが出ても日本には勝てないと判断したと思うので、それだけ今の日本は強くなったということの証明だと思います。

■大島選手のコメント
とても緊張しましたが、何とか勝つことができたのでよかったです。本当に味わったことのない、国として戦う団体戦の雰囲気を感じることが出来、いい経験になりました。大きなプレーはそれなりにできてたと思いますが、台上や台際のプレーが少し曖昧でした。強い選手というのはそういうところをついてくると思うのでこれからそこを調整していきたいと思います。サムソノフ選手を想定して練習してきましたが、落とせない試合になったので、気を引き締めてプレーできてよかったです。

■丹羽選手のコメント
僕はサムソノフ選手と相性がよくないので、3番に下げられて悔しいということはないです。出られるだけでうれしいので、自分が出られる試合は今日みたいにいい試合をしてチームの勝利に貢献したいです。情報のない相手でしたが、世界選手権は相手がどうこうというよりも自分がいいプレーをしないと勝てないので、凡ミスを一本でも少なくするように心がけました。倉嶋監督からも明日からの試合のためにいろいろなサービスを使っておくように指示を受けていたので、最後の方はサービスで決めるつもりで出していました。



大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/

 

今大会の模様は卓球レポート4月号(3月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2016クアラルンプール/公式サイト(英語):http://www.perfectwttc2016.com.my/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2016クアラルンプール(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2587&category=WTTC