大会報道

元日本代表が世界卓球を語る「梅村礼の眼」②

2016.02.28

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2016クアラルンプールでは、全日本チャンピオンの座に2度輝き、日本代表としても活躍した梅村礼がその鋭い目で見た世界卓球を語る。日本女子に続いて、初戦で初勝利を飾った日本男子のベラルーシ戦について聞いた。


ayazo.jpg サムソノフが出なかったので日本は予想以上に楽に勝つことができました。ベラルーシとしてはサムソノフが2点取れるかわからない状況で勝つのは難しいと判断して若手を使ってきたのでしょう。日本側からするといいウオーミングアップになったという感じですね。ベラルーシは国柄、国際大会にあまり出てこないので世界ランキングは高くありませんが、300位台の選手でしたが、打ってるボールは悪くありませんでした。日本選手はそうした中でボールの感覚や台の感覚を確かめながら試合ができているような印象を受けました。3人ともいいスタートが切れたのではないでしょうか。
 個別に見ていくと、水谷はエースとして1番手で出て、見ていて安心感のある試合でした。ただ、まだ余力を持って試合をしているなという感じでした。大島も自分の持ってるボール、試合の組み立てができていたと思いました。丹羽はサービスレシーブが本当によく効いていたので、一方的な試合でしたが、それだけクオリティーの高い練習をしてきたのだと思います。

 明日はシンガポールとポーランドの2戦がありますが、シンガポールは先ほどの試合でガオ・ニンが足首を負傷して試合を中断していたようです。ガオ・ニンが出ても出なくても今日のように簡単に行く相手ではありませんが、対戦経験も多いと思うので十分に対策を立ててきていると思います。ポーランドは若い選手が強くなってきているチームなので、波に乗せないように戦術を立てて試合をしていくと思います。ディヤスはラリーも強く、1発の威力もあるので気を抜けない相手ですね。


大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/

 

今大会の模様は卓球レポート4月号(3月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2016クアラルンプール/公式サイト(英語):http://www.perfectwttc2016.com.my/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2016クアラルンプール(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2587&category=WTTC