大会報道

世界卓球2016クアラルンプール3日目 予選通過をかけて各国がしのぎを削る

2016.03.01

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2016クアラルンプール(2月28日〜3月6日)は大会3日目。昨日に続いて第1ステージの試合が行われ、各国が予選通過をかけた戦いに臨んでいる。
 

馮天薇はきっちりと2点を挙げて、チームを勝利に導いた

香港はトップの李皓晴らの活躍でアメリカを完封

ドイツはイングランドに破れ、連敗を喫した

韓国は李尚洙が最後を締めて全勝をキープ

10時(日本時間11時)から行われた女子第1ステージのグループCでは、シンガポールがポーランドと対戦。エースの馮天薇がカット主戦型のリ・チャンに苦戦しながらも勝利を収めるなど、きっちりと2得点を挙げてチームを勝利に導いた。シンガポールと同じくグループCのオランダはフランスにゲームオールの末に敗戦。第1ステージ最終戦でシンガポールと対戦する。
このほか、グループDの香港はアメリカにストレート勝ち。李皓晴、杜凱琹、姜華珺がそろって3対0で締めた。同じくグループDの韓国はオーストリアに3対1で勝利。香港とともに全勝をキープしている。

13時から行われた男子第1ステージのグループBでは、ドイツがイングランドと対戦。前日、エースのボルが2点を奪われてフランスに敗戦を喫したドイツ。この日は、シュテーガー、メンゲルを2点起用し、フランジスカを3番に配置するオーダーでイングランド戦に臨んだが、1対3で敗戦。2番のフィルスが一矢報いるも、昨日に続く連敗となった。
このほか、グループDでは韓国がルーマニアに3対2で勝利。韓国はイオネスクに2点を奪われながらも最後は、李尚洙がゲームオールの激闘を制して全勝を死守した。


なお、このあと16時30分からは女子第1ステージ第4戦、日本対タイの一戦が行われる。また、19時30分からは男子第1ステージ日本対ウクライナが行われる予定。



大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/

 

 

今大会の模様は卓球レポート4月号(3月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2016クアラルンプール/公式サイト(英語):http://www.perfectwttc2016.com.my/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2016クアラルンプール(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2587&category=WTTC