大会報道

世界卓球2016クアラルンプール4日目 男子の日本、女子の中国が1位突破を決める

2016.03.02

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2016クアラルンプール(2月28日〜3月6日)の4日目は、第1ステージの最終試合が行われ、決勝トーナメントに進出する各グループの上位3チームが決定する。16時30分から行われた男子グループBと女子グループAの試合の結果、男子は日本、女子は中国の1位通過が決まった。
 

日本は水谷を中心に1位通過を決めた

中国は劉詩雯ら、盤石の布陣で予選突破

<男子グループC>
1位 日本
2位 ポーランド
3位 ポルトガル
4位 ウクライナ
5位 ベラルーシ
6位 シンガポール

<女子グループA

1位 中国
2位 台湾
3位 ルーマニア
4位 ハンガリー

5位 スペイン
6位 マレーシア


男子グループCは日本が1位突破。エース水谷はポルトガル戦でまさかの敗戦を喫したが、チームの中心であることは間違いない。吉村、大島、丹羽といった若手選手も試合を重ねていくごとに調子を上げていき、良い形で決勝トーナメントを迎える。ポルトガルに勝つなど4勝1敗のポーランドは、ワン・ゼンイを筆頭に若手のディヤスが活躍を見せて、2位で上位トーナメント進出を決めた。日本、ポーランドに敗れたポルトガルは3位で上位トーナメントに進出。エースのフレイタスの調子が上がらずにここまで苦戦を強いられている。

女子グループAは王者・中国がトップ通過。丁寧、劉詩雯、李暁霞、朱雨玲、陳夢とベストメンバーで臨んだ中国は予選全試合でストレート勝ち。李暁霞が敗戦に追い込まれる場面もあったが、厳しい状況でも勝ち抜く王者たるゆえんを見せた。台湾は鄭怡静、陳思羽の2人がチームを引っ張り、2位通過を決めた。3位にはルーマニアが入った。最終戦のハンガリー戦ではサマラ、スッチらが気迫のプレーでチームに勝利をもたらした。

 


大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/

 

 

今大会の模様は卓球レポート4月号(3月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2016クアラルンプール/公式サイト(英語):http://www.perfectwttc2016.com.my/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2016クアラルンプール(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2587&category=WTTC