大会報道

2016年世界ジュニア選手権ケープタウン大会7日目⑥ 男子複、張本/龍崎が決勝へ

2016.12.06

<世界ジュニア選手権大会>

大会7日目は、男女シングルスの2回戦〜準々決勝、男女ダブルスの準々決勝、準決勝、混合ダブルスの準決勝が行われる。男子ダブルスは張本/龍崎がフランスペアとの激戦を制して決勝進出。
 

張本/龍崎は台上の争いを制して決勝へ
 
ベンチの田㔟監督も笑顔で2人を迎えた
 
韓国ペアも決勝へ。趙勝敏は3種目で最終日に残った
 

<男子ダブルス準決勝>
張本/龍崎(日本) -8,-6,7,10,8,-8,12 カサン/セイフリード(フランス)
安宰賢/趙勝敏(韓国) -2,9,9,5,-9,-8,12 黄建都/林昀儒(台湾)

■龍崎東寅選手
勝てて本当によかったです。ここで勝ったからには金メダル取りたいですね。台上で勝負してたので、それがよくできたのかと思います。張本は9-9で張本がレシーブのときはすごい安心感があって絶対に入ると思ってプレーしています。自分もフォアで動けていたのでよかったです。

■張本智和選手
後1試合全力で頑張って優勝したいです。セイフリードの方がチキータがうまいのを逆に利用して点を取れたところがよかったです。勝負強さの理由は普通に「気合い」だと思います。


卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。