大会報道

2016年世界ジュニア選手権ケープタウン大会最終日⑥男子複は韓国ペアが優勝

2016.12.07

<世界ジュニア選手権大会>

混合ダブルス、女子ダブルスと決勝に勝ち残りながらも、日本ペアが連敗している嫌な流れをここで断ちきりたかった張本/龍崎だが、安宰賢/趙勝敏(韓国)の圧倒的な両ハンドのパワーの前に遅れを取った日本ペアがまたしても金メダルを逃した。

 

安宰賢(左)/趙勝敏は韓国に2つ目のメダルをもたらした
 
優勝にも余裕を漂わせる韓国ペア
 
張本/龍崎は試合の流れを変えることができなかった
 

 

<男子ダブルス決勝>
安宰賢/趙勝敏(韓国) -7,8,4,3,4 張本智和/龍崎東寅(日本)

男子ダブルス決勝も混合ダブルスと同様に日韓戦になった。韓国は男子が団体で中国に勝ち決勝進出を決めた強豪チームだが、団体の金メダルを逃しただけに、個人戦でのタイトルは譲れないという思いが強いのだろう。
決勝の第1ゲームは思い切りやろうと思っていたという日本ペアが3球目、レシーブから攻めて先制。しかし、続く4ゲームは台から距離を取って強力な両ハンドドライブを振る韓国ペアの両者がゲームを支配。早く決めたい日本ペアにもミスが出るという悪循環に。結局、日本ペアはこの悪循環を断ち切れずに3種目連続の銀メダルという結果に終わった。

■龍崎東寅選手
相手ペアはどちらの選手も強かったので、中国戦のように思い切ってやることを目標にしていて、それはできたと思います。それで1ゲーム目は取れて「いけるな」と思ったんですが、そこから相手が本調子になってきて、全然だめでした。1ゲーム目はまだ相手が、試合に入ってこれてなかったというのはあってラッキーといえばラッキーでしたが、2,3,4,5ゲームはまったく歯が立たなかったです。チキータの質が高くて、最後の方は反応できないほどでした。下回転サービスを出しても速いチキータをされるのでどうしようもなかったです。
前半で大きくリードされる展開が多かったので、相手に余裕を持たれると何でも打ってきてバンバン入ってくるので、前半が悪かったですね。



卓レポ.comでは随時、ツイッターとこちらの大会報道で情報をアップしていきますのでお楽しみに!

卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。