大会報道

郡山インターハイ5日目⑥ 女子学校対抗は四天王寺が王座を守り、5連覇を飾る

2017.08.01

<インターハイ>

大会5日目は男女シングルス2〜5回戦と男女学校対抗決勝が行われた。女子学校対抗は四天王寺(大阪)が明徳義塾(高知)に3対1で勝利し、5連覇を飾った。

 高校女子卓球界の絶対王者・四天王寺とそれを追う明徳義塾による対戦となった決勝。昨年の決勝も同じ組み合わせだったがそのときは3対0で四天王寺が勝利を収めている。
 四天王寺はトップで全中王者の塩見が登場。対する明徳義塾は昨年の決勝のトップに出場した三村を今大会も1番で起用した。この起用に三村が応える。前回の決勝では試合開始からリードを許す展開が続いた三村だが、今回はスタートから思い切りの良いプレーで塩見を攻め立てる。長いサービスから塩見のレシーブを崩してラリーの主導権を握ると、プレー全体に良い流れが生まれて塩見をリード。バック面の表ラバーでの強打も効果的に決まって試合を優位に進めた。三村はいつもの試合以上に気迫のこもったプレーも光った。第3ゲーム以降は、塩見が三村のサービスに対応し始めたが、心技体で充実したプレーを見せた三村が強敵を振り切り、明徳義塾に大きな先制点をもたらした。
 先制点を奪われて嫌な流れとなった四天王寺だが、2番で出場したキャプテンの木村が悪い流れを断ち切る。木村は、出足から気迫のプレーで1年生の里川からリードを奪う。台から距離を取って力のあるドライブを振り抜き、2ゲームを連取した。木村は「ここで負けられない」という鬼気迫るプレーでリードを広げた。一方の里川は木村の強打に徐々に対応し始め、中盤以降は左右に揺さぶる場面も見られたが一歩及ばず。木村が3対1で勝利し、四天王寺がスコアをタイに戻した。
 要のダブルスは、梅村/塩見が異質ラバーで変化を付けて、相手のミスを誘うなど、プレーの引き出しの多さで明徳義塾ペアを揺さぶる。一方、井/三村は、精度の高い両ハンドから得点したいところだったが、四天王寺ペアの変化をつけたプレーの前にミスが目立ち、試合の主導権を握ることができない。四天王寺ペアは最後まで明徳義塾ペアにペースを握らせない巧みな試合運びで勝利を収め、2対1とリードして後半へとつないだ。
 迎えた4番では四天王寺はカット主戦型の大川、明徳義塾は1年生の船場が出場。船場は軌道が高いループドライブを軸にラリーを組み立て、相手の浮いたカットを仕留める形で得点をするケースが目立った。一方の大川は打球点の高いカットで船場にプレッシャーを与える。変化の幅の大きいカットに加えて長短を変化させて船場の打ちミスを誘って第1ゲームを先制する。船場は第2ゲームこそ粘り強いプレーで大川から1ゲームを奪ったが、その後は大川のカットを打ちあぐねた。大川は最後まで変化を付けたカットで船場に的を絞らせず、見事3対1で勝利してチームの5連覇を決めた。

 明徳義塾は三村が昨年のリベンジを果たす先制点を挙げたが、四天王寺には一歩及ばず。敗れはしたが、井、三村の3年生を軸に、新たに加入した1年生も活躍して、決勝の切符を手にした。来年は決勝に出場した里川、船場をはじめ、今大会でベンチに入った1年生を中心に、再び上位に進出することを期待したい。

■四天王寺・村田監督のコメント
「今大会は僕が海外遠征でチームを離れることが多く、あまりチームを見ることができず、直前には梅村がベトナム遠征に行っていたり、仕上がりとしてはあまり良くなかったと思います。また、体調不良の選手やけがの選手もいて、満身創痍でした。
しかし、その中でも、準々決勝の横浜隼人戦をうまく乗り切ることができて決勝に進出することができました、横浜隼人戦は、相手エースの笹尾選手をマークしていました。笹尾選手に得点されることは想定内でしたので、失点したときは気持ちを切り替えて慌てずに戦いました。
決勝は、1番で塩見が敗れたことは想定外でしたが、2番の木村が流れを引き戻してくれました。木村はシングルスで敗れましたが、敗戦後は「気持ちの切り替えをしなさい」と話しました。決勝ではその言葉にしっかりと応えてくれ、素晴らしいプレーをしてくれました。さすがキャプテンですね。ダブルスは昨日、タイトルを逃しましたが、その悔しさを団体戦にぶつけてしっかりと役割を果たしてくれて、最後は大川が締めてくれました。
今年は3年生の3人(木村、梅村、阿部)が中心になって頑張ってくれました。試合では2年生の塩見と大川の2年生2人も3年生をうまくサポートしてくれて勝ち上がることができました。キャプテンの木村を中心によくやってくれたと思います」


<女子学校対抗決勝>
 四天王寺(大阪) 3-1 明徳義塾(高知)
 塩見 -7,-5,4,-9 三村(優)
○木村 4,5,-4,10 里川
○梅村/塩見 5,8,9 三村(優)/井
○大川 8,-10,3,5 船場
 梅村 - 井

 

四天王寺が5連覇達成!

主将の木村の勝利がチームに流れを引き寄せた

要のダブルスでは梅村(右)/塩見が勝利

4番の大川が5連覇を決めた!

明徳義塾は王者から1点を奪うも一歩及ばず

3年生の三村はトップで塩見に勝利

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成29年度全国高等学校総合体育大会:http://2017soutai.jp/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/
今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)に掲載予定です。