大会報道

郡山インターハイ最終日⑥ 女子シングルスは梅村が初優勝!

2017.08.02

<インターハイ>

大会最終日は男女シングルス準々決勝〜決勝が行われた。女子シングルス決勝は梅村(四天王寺)が岩越(希望が丘)とのサウスポー対決を制して、女子シングルスで初の頂点に立った。

 梅村は準々決勝で野村、準決勝で秋山と愛み大瑞穂の選手を連破して決勝に進出。固いブロックを軸に優勝候補として順調に決勝へと勝ち進んだ。一方の岩越は準々決勝で千葉(遊学館)、準決勝で岡崎(川口総合)をワイドに打ち分ける両ハンドドライブを武器に破って初の決勝進出。
 どちらが勝っても初優勝となる決勝は、序盤から梅村がバック面の異質ラバーでボールに変化を付けて岩越のミスを誘う。対する岩越は梅村のミドルを突く攻撃で得点する場面が見られたがリズムをつかむことができず、11-6で梅村が先制点を挙げる
 これで試合の流れをつかんだ梅村は第2ゲームは多彩なサービスから岩越のレシーブミスを誘うなど、幅の広い卓球で試合を有利に進める。バック対バックも打ち勝つなど、岩越にリズムを握らせない試合巧者ぶりを発揮して2ゲームを連取した。岩越は「相手のバック面の異質ラバーにうまく対応できなかったので、梅村選手のフォア側を攻めようと思っていたのですが、フォア側をうまく突くことができませんでした」というとおり、梅村のバックハンドに苦戦を強いられる展開が続いた。
 第3ゲームも梅村はバックハンドを軸にしたプレーで得点を重ねる。一方の岩越は台から距離を取った両ハンドドライブで得点するなど、粘りを見せる場面もあったが、最後まで梅村の固い守備の前にリズムをつくることができず、終始、梅村が試合の流れを支配して、高校チャンピオンの称号を手にした。

 岩越は両ハンドドライブの威力と精度の高さで決勝へと勝ち進んだが、梅村の変化を付けたプレーを崩すことはできず。それでも千葉(遊学館)、岡崎(川口総合)に打ち勝つなど、ラリー戦で強さを発揮した。決勝進出という結果は立派な成績といえるだろう。


<女子シングルス決勝>
梅村(四天王寺) 6,6,7 岩越(希望が丘)

 

梅村が最後のインターハイで頂点をつかむ!

団体に続き、梅村は2冠を達成した

決勝はバックハンドの変化を付けたプレーで試合を優位に進めた

岩越は安定した両ハンドドライブで初の決勝進出

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成29年度全国高等学校総合体育大会:http://2017soutai.jp/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/
今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)に掲載予定です。