大会報道

男子学校対抗は、愛工大名電が3連覇!

2018.08.07

<インターハイ>

男子学校対抗の決勝が行われ、愛工大名電(愛知)が鶴岡東(山形)を3対0のストレートで下し、3連覇を果たした。
 
愛工大名電 3-0 鶴岡東
◯曽根 -12,-11,2,4,6 中橋
◯田中 5,8,5 小松
◯田中/加山 6,8,8 中橋/星
 
地元愛知で愛工大名電が3連覇達成!

先制点をもたらした1年生の曽根。来年が楽しみだ

キャプテン中橋は2対0とリードしたが…

格の違うプレーを見せた田中

1年の小松は大きな経験を積んだ

 

 オーダー的に1番を取らないと厳しい鶴岡東は、キャプテンの中橋が得意のロングサービスからの厳しい攻めで2ゲームを先取する。このまま中橋がいくかと思われたが、3ゲーム目からの曽根はすごかった。中橋のサービスに慣れ、サービスの組み立てを変えつつ距離感をつかんだ曽根は、韓国の李尚洙をほうふつとさせるような鋭いバックハンドドライブを連発。中橋を防戦一方に追い込み、3ゲームを連取して愛工大名電に先制点をもたらした。
 鶴岡東としては、愛工大名電の2番にエースの田中、3番に高校王者ペアの田中/加山が控えているだけに、1番を是が非でも取りたかったところだが、厳しいスタートになってしまった。
 
 2番は、愛工大名電がエースの田中。鶴岡東は昨日の準決勝同様、1年生の小松を起用してきた。
 昨日は遊学館のエース・川村を倒す殊勲を上げた小松だったが、田中は強かった。田中は、シニアでも十分通用しそうな厳しくミスの少ない両ハンドで小松を圧倒。田中がストレートで小松を下し、愛工大名電が早くも王手をかけた。
 田中に対しては勝機を見い出せなかったが、決勝の大舞台に立てたことは、1年生の小松にとってこれからの大きな財産になるだろう。



田中(左)と加山が決めた!

大応援団にビッグスマイルで応える

大きな輝きを放った鶴岡東。来年に期待だ!

 3番のダブルスは、高校王者の田中/加山が終始ペースを握る。中橋/星もダブルス3位の意地で必死に食らいつくが、加山の巧みなコース取りと田中の機械のように正確な両ハンドの前になかなか連続得点が奪えない。結果は、田中/加山が中橋/星をストレートで下し、愛工大名電が優勝を決めた。
 
 終わって見れば豊富なタレントを擁する愛工大名電が圧勝した形だが、地元愛知で行われた今大会は常にないプレッシャーがかかったことだろう。プレッシャーをはねのけ、たくましく戦い抜いた愛工大名電に大きな拍手を送りたい。
 

卓レポツイッターでも速報を配信中。ぜひご覧ください!

全国高体連卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net
インハイTV:https://inhightv.sportsbull.jp

(写真=佐藤孝弘 文=猪瀬健治)