ニュース

上田仁がバタフライと契約 〜全日本ジュニア2連覇のホープ〜

2009.03.25

平成20年度全日本選手権大会のジュニア男子で優勝した上田仁(青森山田高)が、株式会社タマス(バタフライ)とアドバイザリー契約を結んだ。

上田仁がバタフライと契約

 上田選手は、軽快なフットワークと安定した両ハンドドライブが持ち味。平成20年全日本選手権大会で高校2年生ながら男子シングルスでベスト4入り。ジュニア男子は決勝で松平健太(青森山田高)に競り勝って見事に2連覇を達成した。
 4月28日に開幕する世界卓球2009横浜の日本代表に選ばれており、男子ダブルスと混合ダブルスに出場する。

 3月10日に株式会社タマスを訪れた上田選手は、山田俊策社長と歓談。バタフライ・アドバイザリースタッフとして新たな一歩を踏み出すことになった。
 上田選手は「バタフライの契約選手になったということで、今まで以上に成績を出したいです。世界卓球では、いろんな人たちのおかげで日本代表になれたと思うので、その人たちに感謝をして思い切り戦いたいです」と抱負を語っている。
 今後、バタフライは選手を全面サポート。より一層の活躍が期待される。

[プロフィール]
 氏名:上田仁(うえだじん)
 所属:青森山田高
 生年月日:1991年12月10日
 出身:京都府舞鶴市
 戦型:右シェーク攻撃型
 使用ラケット:
  バタフライ特注(ZLカーボン)
 使用ラバー:
  テナジー・05(フォア面)
  テナジー・64(バック面)