ニュース

2009アジア選手権大会 女子日本代表選考会 〜福原が女子シングルスの代表内定〜

2009.08.28

2009アジア選手権大会女子日本代表選考会が行われ、福原愛が優勝した。

全勝優勝を飾り笑顔で記者会見

 アジア選手権大会の女子シングルス日本代表枠は5名で、この予選会にはすでに代表に内定している平野(ミキハウス)を除いた日本のトップクラスが参加した。1次リーグはA、B、C、D、Eと5つに分かれて総当たりを行い、上位2名が1・2位リーグに進み、この中の1位が優勝になる。
 初日から好調をキープし、1次リーグ、順位決定の1・2位リーグともに全勝を決めた福原(ANA)が文句なしの優勝。福原にとって日本代表を決める国内の予選会への出場は、2003年世界選手権パリ大会以来だったが、高い集中力と強い精神力を見せて、ハイレベルな予選会を負けなしで終えた。
「優勝できたことよりも、全勝できたことがうれしい」とは優勝後の福原のコメント。今大会の福原のプレーぶりから、11月にインドで開催されるアジア選手権大会での活躍も大いに期待できる。


パワーアップしたフォアハンドを見せた福原


 選考会の記録は日本卓球協会のホームページをご覧ください。
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp