ニュース

松下浩二引退パーティー 〜9月12日、水谷・岸川のメダル獲得も祝う〜

2009.09.12

松下浩二さんの引退記念、水谷隼・岸川聖也の世界卓球メダル獲得を祝うパーティーが9月12日、東京プリンスホテルで行われた。

松下浩二さん、引退記念パーティー

 今回のパーティーは2部構成で行われた。
 第1部はエキシビションマッチ。今年5月の世界卓球2009横浜で男子ダブルス銅メダルに輝いた水谷・岸川と、1997年世界選手権マンチェスター大会の男子ダブルスで銅メダルを獲得した松下・渋谷という夢の対決が実現した。
 平成16年度の全日本以来4年半ぶりにコンビを組んだ松下・渋谷は、現役の銅メダリストに対してハンディキャップを要請。これが功を奏して好試合が展開され、勝負はゲームオールに持ち込まれた。最終ゲームは水谷・岸川がハンディキャップをものともせずに、松下・渋谷を圧倒して試合を締めくくった。

水谷と岸川が現役の力を発揮

松下と渋谷は往年の技で沸かせた

来賓の皆さんも名勝負を堪能


 続いて、第2部は水谷隼・岸川聖也のメダル獲得のお祝いと、松下浩二さんの引退を記念したパーティーが行われた。
 まず、岸川聖也と水谷隼が壇上であいさつ。岸川は「今度はもっといい色のメダルを取りたい」と次の目標を表した。水谷は「世界のトップに追い付きたい」と今後の抱負を語った。
 最後のトリを務めた松下浩二さんは「多くの人に支えられたから今の自分がある」と感謝の意を述べた。そして「プロフェッショナルとしてやってきた者として、夢である卓球のプロリーグの実現に向けて頑張りたい」と決意を語った。
 
岸川と水谷は次なる目標への決意を語った

松下浩二さん、お疲れ様でした!