ニュース

世界卓球2011ロッテルダム 日本代表壮行会 〜4月22日に開催〜

2011.04.23

世界卓球2011ロッテルダムの日本代表選手団記者会見・壮行会が4月22日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で開催された。

世界卓球2011ロッテルダム 日本代表記者会見・壮行会

 記者会見には、宮?男子監督、村上女子監督、水谷隼、松平健太、福原愛、石川佳純ら、男女日本代表メンバーが参加して大会への豊富を語った。(岸川聖也と松平賢二は海外リーグ参戦のため欠席)。
 男子の全日本チャンピオンである水谷隼(明治大)は「今回はこれまでの世界卓球と比べて充実して迎えられる。金メダルしか見ていない」と大会への意気込みを語った。
 世界ランキング7位の福原愛(ANA)は「出場する3種目すべてでメダルを目指したい」と抱負を述べた。

 また、今大会では日本代表が「WASURENAI 3.11」(忘れない3月11日)というメッセージを胸に付けて戦うことが発表された。

水谷、世界の頂点を目指す

福原、全種目でメダル狙う

 続いて、世界卓球2011ロッテルダムの模様を地上波で独占放送するテレビ東京の「世界卓球2011」番組スタッフが紹介された。
 テレビ東京が世界卓球を放送するのは今大会で7度目。今回は卓球経験者の福澤朗さんがメインキャスターを務める。福澤朗さんは「卓球は100メートル競争で全力疾走しながらチェスをするようなもの」という荻村伊智朗さんの言葉を引用し、卓球のすばらしさを伝えることを表明した。
 また、前回に続いてサポーターを務めるAKB48のメンバーが応援に駆けつけた。

 その後、場所を移して行われた壮行会には、スポンサーや選手の所属団体、後援会などから多くの方々が激励に集まった。

福澤朗さんがテレビ東京のキャスターに

壮行会には選手とスタッフが参加

多くの関係者が選手を激励

愛ちゃんは笑顔で歓談

女子アナ軍団はしっかり取材活動