ニュース

日本が2014年世界卓球の開催立候補 〜5月10日のITTF総会で協議・決定〜

2011.04.27

 日本卓球協会は4月27日に記者会見を行い、2014年世界選手権大会[団体戦](世界卓球2014)の開催地に立候補することを発表した。
日本が2014年の世界卓球開催に立候補

 日本卓球協会の前原正浩専務理事は、今回の立候補の経緯を次のように説明した。
 4月上旬に国際卓球連盟(ITTF)のアダム・シャララ会長から「東日本大震災の影響で非常に厳しい状況にあるが、このような時こそ復興への動きと合わせ、世界選手権大会の開催を検討してみてはどうか」との問いかけなどがあり、4月25日に行われた「平成23年度第1回臨時理事会」で世界卓球2014の開催立候補を検討。
 その結果「東日本大震災で多くの方が被災して日本全体が厳しい環境の中、被災地の復興を元気付け、バックアップして、世界にも日本は大丈夫であることを示していこう」という意見がまとまり、賛成多数で承認されたため、正式に立候補を表明した。

 立候補に際して、大会会場・日程が次のように発表された。
  ◎開催日程:2014年4月28日〜5月5日
  ◎競技会場:国立代々木競技場(第一体育館および第二体育館)

 世界卓球2014の開催地は、世界卓球2011ロッテルダムの期間中(5月10日)に行われるITTF年次総会で協議・決定される。現在、ドーハ(カタール)が開催の立候補を表明している。

 詳しくは、日本卓球協会のホームページをご覧ください。
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp

 なお、バタフライは世界卓球2014の公式用具スポンサーを務めることが決定しており、大会を全力でサポートする。