ニュース

ワールドツアー・ドイツオープン 〜オフチャロフとシェン・ヤンフェイが優勝〜

2012.11.05

10月31〜11月4日にブレーメン(ドイツ)でITTFワールドツアー・ドイツオープンが開催された。男子シングルスは地元ドイツのオフチャロフが、女子シングルスはシェン・ヤンフェイ(スペイン)が優勝した。

 

男子シングルスは決勝でボルとオフチャロフのドイツ対決となった。準決勝で荘智淵(台湾)を激戦の末に破ったオフチャロフが決勝でも爆発しボルを4−2で撃破。ワールドツアー4度目の優勝を飾った。日本勢では丹羽(青森山田高)が3回戦で松平健太(早稲田大)を4−0で破りベスト8入りしたが、準々決勝でボルにストレートで敗れた。

女子シングルスはシェン・ヤンフェイが、準決勝でヨーロッパチャンピオンのVi.パブロビッチ(ベラルーシ)を破ったバチェノフスカ(チェコ)を4−2で退け、ワールドツアー5度目の優勝を飾った。日本勢は8選手が出場したが平野(ミキハウス)と森薗(日立化成)が2回戦敗退と振るわなかった。

男子ダブルスは江天一/ウォン・チュンティン(香港)が決勝で譚瑞午/ワン・ゼンイ(クロアチア・ポーランド)を4-1で破り初優勝。期待の松平・丹羽は譚瑞午/ワン・ゼンイに敗れて予選リーグで敗退。

女子ダブルスはP.ゾルヤ・ヴィンター(ドイツ)の地元ペアが、決勝で姜華珺/リ・ホチン(香港)を4−1で破り初優勝。P.ゾルヤは21以下シングルスと合わせて2冠を獲得した。

21歳以下男子シングルスは町(青森山田高)が吉田(青森山田高)との同士打ちを制しベスト4入り。優勝はアサール(エジプト)を4−2で破ったアラミヤン(イラン)。
21歳以下女子シングルスは決勝で地元ドイツのP.ゾルヤが鄭怡静(台湾)を破り初優勝を決めた。

 

今大会の記録は、国際卓球連盟(ITTF)、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
 国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp