ニュース

日本卓球協会が世界卓球2013パリの日本代表を発表

2013.02.04

20130204-01.jpg

 

日本卓球協会は2月4日、味の素ナショナルトレーニングセンターにおいて、5月13〜20日にパリ(フランス)で開催される第52回世界選手権パリ大会(個人戦)に出場する代表選手を以下のように発表した。

 男子は水谷、丹羽、張が内定済み。4人目に選ばれた岸川はロンドンオリンピックでベスト8の好成績を残し、世界卓球2012ドルトムントでもドイツ戦でバウム(ドイツ)を倒すなどの結果を残している点を評価されての選考となった。
 松平健太はワールドツアーなどの国際試合で安定した成績を残している点が評価された。
 高木和卓は先日のオーストリアオープンで世界チャンピオンの張継科(中国)を倒すなどの実績が評価された。
 若手成長株の村松雄斗(JOCエリートアカデミー・帝京)も候補に挙がったが、実力のある若い選手が大勢いるので、将来性には期待しているが、現時点では今回選んだ選手たちを差し置いて代表になるだけの実力はまだつけていないという判断だ。

 女子は福原、石川、平野が内定済み。4人目の藤井寛子はアジア選手権大会ベスト16、世界卓球2011ロッテルダムでベスト32などの国際競争力の高さが評価された。
 全日本選手権大会で石川に肉薄しベスト4に入った松澤は昨年のジャパンオープンで梁夏銀(韓国・当時世界ランキング18位)を破るなどの実績を残している。
 全日本選手権大会ジュニア女子で優勝した松平志穂は先日のオーストリアオープン21歳以下女子でも優勝。将来性を期待しての選考となった。

なお、ダブルス枠として男子は松平賢二と吉村、女子は若宮が選ばれた。

 

【男子代表】
水谷隼(beacon.LAB)
丹羽孝希(青森山田高校)
張一博(東京アート)
松平健太(早稲田大学)
岸川聖也(スヴェンソン)
松平賢二(協和発酵キリン)
高木和卓(東京アート)
吉村真晴(愛知工業大学)

【女子代表】
福原愛(ANA)
石川佳純(全農)
平野早矢香(ミキハウス)
森薗美咲(日立化成)
若宮三紗子(日本生命)
藤井寛子(日本生命)
松澤茉里奈(淑徳大学)
松平志穂(四天王寺高校)

【男子シングルス】
水谷隼、丹羽孝希、張一博、岸川聖也、松平健太、高木和卓

【女子シングルス】
福原愛、石川佳純、平野早矢香、森薗美咲、藤井寛子、松澤茉里奈、松平志穂

【男子ダブルス】(変更の可能性あり)
水谷隼・岸川聖也、丹羽孝希・松平健太、張一博・松平賢二

【女子ダブルス】
藤井寛子・若宮三紗子

【混合ダブルス】
未定


 


日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/