ニュース

劉国梁が中国NT総監督に就任 〜孔令輝は女子監督に〜

2013.02.26

 2003年に27歳の若さで中国ナショナルチーム男子監督に就任した劉国梁が総監督を兼任することが発表された。このポストは2004年まで総監督を務めた蔡振華が卓球・バドミントンセンター主任に就任して以来長らく空席だった(蔡振華は現在、体育総局副局長)。

 

 10年に及ぶ中国男子の好成績と大胆なアイデア(「直通」、ネット投票、ペン対シェークなどのイベント)が評価されたという劉国梁は次のように語った。
「成績はもちろん重要ですが、いくら頑張ってもオリンピックには4つしか金メダルはありません。しかし、卓球を社会的にアピールする余地はまだまだあります。より多くの方に卓球競技に参加してもらえるように努めたい」

 

 また、実質的には昨年から体制が変更されているが、孔令輝が施之皓に代わって女子監督に就任したことが改めて発表された。6年間のコーチをの経験を経て監督に就任した孔令輝は次のようにコメントしている。
「皆さんに信頼いただけたことに感謝します。これまで中国女子は素晴らしい成績を収めてきています。これは私にとってチャンスでもあり、プレッシャーでもあります。しかし、プレッシャーこそが原動力にもなっているのです。これからは劉国梁総監督と協力し合い、斬新な育成環境をつくり、国際影響力を育んでいきたい」

 

 選手時代から「双子座」に喩えられている劉国梁と孔令輝。2人には指導者としてもまた「双子座」として輝くことが期待されている。