ニュース

卓球国会議員連盟が総会を開催

2013.04.15

 3月29日、国会議員で組織された「卓球国会議員連盟」の総会が開催された。卓球の振興と地域の健康増進を目指すこの組織は、会長に卓球愛好家として知られる自民党の河村健夫氏を擁し、事務局長を自民党の関芳弘氏が務めている。

20130415-02.jpg
 総会では、今後の活動予定、規約、活動の目的などが共有された。
 発表された目的は
 ①スポーツ信仰面として、卓球の普及拡大に努める
 ②地域コミュニケーションの活性化面では、各地域の社会福祉センターなどに卓球台が常設されていることに着目し、卓球を通して、地域コミュニティーの深耕をを図る
 ③健康増進などを図るために、高齢者にも生涯スポーツとして楽しんで頂き、予防医学に貢献する
 ④卓球をツールとして外交に役立てる
 ⑤卓球会全体を底上げし、卓球日本の復活を図る
と心強い限りだ。

 なお、毎年バタフライ卓球道場で行われている「らくご卓球クラブ」の新春初打ち会にも卓球国会議員連盟からの参加者がおり、昨年は平井たくや氏、金子恭之氏が参加している。