ニュース

中国超級リーグ 男子は寧波が2連覇、女子は八一が優勝!

2013.11.18

中国超級リーグは決勝戦が終了し、男子は馬龍擁する寧波が昨年に続き、2連覇を達成した。女子は八一が優勝。郭躍、木子、曹操のバランスのとれた3人の総合力で優勝を勝ち取った。

先に2勝したチームが優勝となる超級リーグプレーオフ決勝。男子は寧波と上海が対戦。昨年と同じ顔合わせになったこの対戦だが、1戦目、2戦目共に寧波が上海を圧倒した。
第1戦では2番で閻安が許昕に勝利すると、閻安・林高遠のダブルスも勝利し、3対0でアウエーの第1戦を制した。
第2戦も寧波が3対1で勝利。閻安が許昕に敗れたものの馬龍が2得点の活躍。最後は許昕をストレートで下し、優勝に華を添えた。
絶対的なエースの馬龍を中心に、閻安、林高遠も順調に勝ち星を積み重ね、2年連続の優勝となった。
対する上海は昨年に続き、決勝で寧波に敗れ2位。エースの許昕にベテランの王励勤、中堅の尚坤というバランスのいいチームで決勝まで勝ち上がった。

八一は山東と対戦。中国運動大会で決勝を争った李暁霞、陳夢のいる山東に分があるという大方の予想を裏切り、八一が第1戦、第2戦と連勝して、超級リーグの頂点に立った。
第1戦では八一の木子が2得点の大活躍。2番で陳夢に勝利すると、4番では李暁霞にゲームオールの末、金星を挙げた。2対0から追いつかれるいやな展開だったが、最終ゲームは李暁霞に付け入る隙を与えなかった。木子の活躍とダブルスの勝利で第1戦を八一がものにした。
第2戦では1番で木子が陳夢に勝利すると、2番の郭躍もその勢いのまま李暁霞に3対1で勝利。郭躍・曹臻のダブルスも勝利を収め、3対0で2戦目にも勝利し、ホームで優勝を決めた。
山東は李暁霞の敗戦が大きく影響した。準決勝から復帰を果たしたものの決勝では第1戦で木子との接戦を落とすなど自らの復帰でチームを優勝に導くまでには至らなかった。

これで今季の全ての日程が終了した。普段は国際大会でしか目にすることができない中国のトップ選手
が優勝を目指して戦う姿を目にできる貴重なリーグ戦「中国超級リーグ」。来季以降も熱い戦いに期待したい。

☆決勝
*1・2・4番は5ゲームズマッチ、3・5番は3ゲームズマッチ、最終ゲームは7点制。

<男子>
第1戦(2013.11.13)
 上海金邁馳 0-3 寧波海天塑机

 尚坤 -9、-6、-4 馬龍○
 許昕 -7、-9、7、-6 閻安○
 王励勤/尚坤 -10、-6 閻安/林高遠○
 許昕 - 馬龍
 王励勤 - 朱世爀

第2戦(2013.11.16)
 寧波海天塑机 3-1 上海金邁馳

 閻安 6、-10、-6、-7 許昕○
○馬龍 5、-6、10、-13、7-5 尚坤
○閻安/林高遠 7、11 王励勤/尚坤
○馬龍 5、6、9 許昕
 朱世爀 - 王励勤

<女子>
第1戦(2013.11.11)
 山東魯能 1-3 八一冀中能源

○李暁霞 4、3、4 郭躍
 陳夢 -7、9、-12、-8 木子○
 陳夢/顧玉婷 2、-8、2-7 郭躍/曹臻○
 李暁霞 -6、-7、5、5、2-7 木子○
 顧玉婷 - 曹臻

第2戦(2013.11.14)
 八一冀中能源 3-0 山東魯能

○木子 5、4、8 陳夢
○郭躍 7、-5、6、7 李暁霞
○郭躍/曹臻 1、9 陳夢/顧玉婷
 木子 - 李暁霞
 曹臻 - 顧若辰

 

中国超級リーグ チーム・選手一覧(PDF・日本語)
中国超級リーグ第1ステージ試合日程・結果(PDF・日本語)
中国超級リーグ公式サイト(中国語):http://cttsl.sports.cn/