ニュース

ヨーロッパチャンピオンズリーグ 〜決勝トーナメントの組み合わせが決定〜

2013.12.25

12月24日、ヨーロッパクラブNo.1を決めるヨーロッパチャンピオンズリーグの決勝トーナメントの組み合わせが決まった。
決勝トーナメントは準々決勝からスタート。8チームが頂点を目指して戦う。水谷隼(DIOジャパン)が所属するグループB2位のUMMC(ロシア)はグループC1位のエヌボン(フランス)と対戦。エヌボンにはクレアンガ(ギリシャ)や陳建安(台湾)などの選手が所属する。試合はホームアンドアウェー方式で行われ、2戦の勝敗で準決勝進出を争う。
なお、グループD1位で決勝トーナメントに進出したシャルトル(フランス)は所属選手のガオ・ニン(シンガポール)がチャンピオンズリーグと重複して中国甲Aリーグに出場していたことにより、大会の出場規定違反で失格となった。これにより2位のニーダーオーストライヒ(オーストリア)、3位のデュッセルドルフ(ドイツ)の順位が繰り上げとなった。この結果、デュッセルドルフの決勝トーナメント進出が決定した。

 

20131225-01ecl.jpg

決勝トーナメントの第1戦は1月17〜19日に行われる。水谷、ボル(ドイツ)、オフチャロフ(ドイツ)なども出場するハイレベルな戦いに期待が集まる。

ヨーロッパ卓球連合:http://www.ettu.org/

予選リーグの勝敗表はこちら