ニュース

ヨーロッパチャンピオンズリーグ準々決勝 〜荘智淵の活躍でブレーメンが先勝〜

2014.01.20

ヨーロッパチャンピオンズリーグは1月17日に準々決勝の2試合が行われた。ホームアンドアウエー方式の第1戦で、ブレーメン(ドイツ)とニーダーオーストライヒ(オーストリア)がそれぞれ先勝した。

 

ブレーメンはホームでポントワーズ(フランス)と対戦。1番で荘智淵(台湾)がフレイタス(ポルトガル)にゲームオールの激戦を制すと、クリシャン(ルーマニア)、チオティ(ルーマニア)も続き、3対0で第1戦をものにした。

ニーダーオーストライヒはアウエーでアンジェ(フランス)と対戦。試合に出場したDa.ハーベゾーン(オーストリア)、陳衛星(オーストリア)、フェゲアル(オーストリア)がそれぞれ 1得点を挙げ、3対1で先勝した。

 

なお水谷隼(DIOジャパン)が所属するUMMC(ロシア)は1月24日にアウエーでエヌボン(フランス)と対戦する。

 

 

【準々決勝 第1試合】

(2014.1.17)

 ブレーメン 3-0 ポントワーズ

○荘智淵 4、-11、9、-7、9 フレイタス

○クリシャン -7、13、-6、7、11 王建軍

○チオティ -8、5、9、7 K.カールソン

 荘智淵 - 王建軍

 クリシャン - フレイタス

 

 アンジェ 1-3 ニーダーオーストライヒ

 ジオニス 3、-4、-9、-2 Da.ハーベゾーン○

○ルンクイスト -8、5、5、8 陳衛星

 マルチネス 8、-7、8、-8、-6 フェゲアル○

 ジオニス 10、-9、7、-7、-8 陳衛星○

 ルンクイスト - Da.ハーベゾーン

 

20140120-03ecl.jpg
 

ヨーロッパ卓球連合:http://www.ettu.org/

予選リーグの勝敗表はこちら