ニュース

世界卓球2014東京の日本代表が決定

2014.01.21

20140121-01.jpg

2014年4月28日から5月5日まで、国立代々木競技場第1体育館および東京体育館で開催される世界卓球団体選手権東京大会の日本代表メンバーの発表が、味の素トレセンで行われた。
男子団体の5人のメンバーには、すでに内定が決まっていた松平健太(早稲田大)、岸川聖也(ファースト)、水谷隼(DIOジャパン)に加えて、強化本部推薦で丹羽孝希(明治大)と塩野真人(東京アート)が代表入りした。
倉嶋洋介男子監督が「最強日本」と銘打った今回の代表メンバー。東京大会での目標はずばり「金メダル」。3大会続けて銅メダルを獲得している男子日本は、地元開催を追い風に金メダルを狙う。代表選手たちも最低でもメダル獲得、決勝で中国を倒したいと意気込みを語った。
女子団体の5人には、内定で決まっている福原愛(ANA)、石川佳純(全農)、田代早紀(日本生命)のほかに、強化本部推薦で平野早矢香(ミキハウス)と森さくら(昇陽高校)が選ばれた。森は先日の全日本選手権大会の女子シングルス決勝進出の実績がかわれての代表入りとなった。
村上恭和女子監督も目標は「金メダル」。前回大会ではベスト8と悔しい成績に終わった女子日本は、「地元開催のプレッシャーに打ち勝ち、決勝で中国と戦いたい」と話した。


公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会/公式サイト:http://www.2014wtttc.com