ニュース

ドイツ・ブンデスリーガ 〜吉村が荘智淵に勝利〜

2014.01.22

ドイツ・ブンデスリーガは1月14日〜15日、1月19日、1月21日に計7試合が行われた。ハーゲンに所属する吉村真晴(愛知工業大)は1月21日に行われたブレーメン戦に出場。2番で荘智淵(台湾)に勝利し、1得点を挙げた。5番ではクリシャン(ルーマニア)に敗れ、1勝1敗。全日本選手権大会直後で疲労も残る中、ハイレベルな戦いを繰り広げた。
 
吉村は荘智淵に第1ゲームを奪われたものの、第2ゲームでジュースの接戦を制するとその勢いのまま3ゲームを連取し、逆転勝利を収めた。5番ではクリシャンと対戦し、敗戦を喫したが今年初めてのブンデスリーガ出場で台湾のエースに勝利。今後の躍進に期待がかかる。
 
ボル(ドイツ)が所属するデュッセルドルフは1月14日にハーゲン、1月21日にミュールハオゼンと対戦。2試合とも3対0で勝利。暫定ではあるが順位を2位に上げた。
なお、グレンツァオの吉田雅己(愛知工業大)は試合が全日本選手権大会と重なったため、出場していない。
 
☆2014.1.14
 ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 TTCハーゲン
○バウム 6,8,6 イオネスク
○アチャンタ 8,10,7 グロス
○ヴァルター 9,4,8 フェイヤー・コナート
 バウム — グロス
 アチャンタ — イオネスク
 
 TTFリープヘル・オクセンハオゼン 3-1 ポストSVミュールハオゼン
○柳承敏 -7,8,8,10 バルドン
○ゴズィー 9,8,7 バージス
 ピッチフォード -9,-9,9,-5 ヴォジツキー○
○柳承敏 7,10,8 バージス
 ゴズィー — バルドン
 
☆2014.1.15
 SVヴェルダー・ブレーメン 3-2 TTCツークブリュッケ・グレンツァオ
○荘智淵 5,5,4 パヴェルカ
 クリシャン 11,-5,-11,5,-5 ガシナ○
○チオティ -8,3,5,8 ヤンカリック
 荘智淵 -8,-5,-8 ガシナ○
○クリシャン 6,4,11 パヴェルカ
 
☆2014.1.19
 TTCツークブリュッケ・グレンツァオ 1-3 FCザールブリュッケンTT
○ガシナ -5,4,10,6 アポロニア
 ヤンカリック -8,8,4,-11,-6 シュテーガー○
 パヴェルカ -5,10,-6,-8 トキッチ○
 ガシナ 5,-4,-11,3,-5 シュテーガー○
 ヤンカリック — アポロニア
 
 SVプリューダーハオゼン 3-1 TTFリープヘル・オクセンハオゼン
○金廷勲 9,-4,-4,6,7 ピッチフォード
○ケーン -8,7,-6,8,8 ゴズィー
 シャール -6,-5,-2 柳承敏○
○金廷勲 -10,10,6,3 ゴズィー
 ケーン — ピッチフォード
 
 ポストSVミュールハオゼン 0-3 ボルシア・デュッセルドルフ
 ヴォジツキー -7,-4,-6 バウム○
 バルドン 9,-6,-5,-8 ボル○
 バージス -8,6,-7,-7 ヴァルター○
 ヴォジツキー — ボル
 バルドン — バウム
 
☆2014.1.20
 TTCハーゲン 2-3 SVヴェルダー・ブレーメン
 イオネスク 11,-6,7,-9,-8 クリシャン○
○吉村 -8,11,6,7 荘智淵
○グロス 8,6,6 チオティ
 イオネスク -7,-9,-4 荘智淵○
 吉村 -4,-8,-8 クリシャン○
 

今シーズンよりブンデスリーガの全試合の動画が下記サイトで閲覧できる(最新のものから表示されているが、Verein=チーム、Spieler=選手名からも動画を選択できる)。
なお、"TTBL SELECTED"(青いタイトル画面の動画)はラリーのみを抜粋し、1試合5分前後に編集されているダイジェスト版だ。日本の3選手のみならず、ボル、荘智淵、マテネらトップ選手のプレーを見て、「世界のトッププレーの今」を体感してみよう!
http://tv.ttbl.de/ttbl-grosser-traum

ドイツ・ブンデスリーガ公式サイト(ドイツ語):http://www.ttbl.de/startseite
ブンデスリーガ2013-14チーム・選手紹介(PDF・日本語)
ブンデスリーガ2013-14試合日程(PDF・日本語)