ニュース

チェコ・ジュニアサーキット 〜硴塚・宮﨑組、石川・森田組が優勝〜

2014.02.17

2月12〜16日にITTFジュニアサーキットがチェコ(ホドニーン)で開催された。ジュニア男子ダブルスで硴塚将人・宮﨑友組(JOCエリートアカデミー/帝京)が、ジュニア女子ダブルスでは石川梨良・森田彩音(JOCエリートアカデミー/帝京)がそれぞれ優勝。またジュニア女子団体、カデット男子団体でも日本チームが頂点に立った。

 

ジュニア男子団体では日本Bチーム(龍崎・硴塚・宮﨑)が3位入賞。日本Bチームを準決勝で下したロシアAチームが優勝を果たした。

 

ジュニア女子団体では日本チーム(石川・森田・加藤・竹内)が優勝を果たした。準々決勝でチェコAを3対2の接戦で破ると、準決勝、決勝はフランス、ルーマニアAにそれぞれストレート勝ちを収めた。

 

ジュニア男子シングルスでは決勝で木造に2ゲームを取られてから4ゲームを連取したチェン(ポルトガル)が優勝。日本勢では木造の2位のほか龍崎東寅(JOCエリートアカデミー)、出雲卓斗(遊学館ジュニア)、がベスト8まで進出した。

 

ジュニア女子シングルスでは、ルーマニアのバリントが優勝。準決勝、決勝とゲームを先行される形が多かったが、逆転で優勝を果たした。日本勢では竹内嘉菜(JOCエリートアカデミー)が3位に入賞した。


ジュニア男子ダブルスでは硴塚・宮﨑組が優勝。決勝では緒方遼太郎・龍崎東寅(JOCエリートアカデミー)との同士討ちに勝利して優勝を飾った。そのほか木造・髙見真己(愛工大附属中)がベスト8に入賞。

 

ジュニア女子ダブルスでは石川・森田が優勝。決勝はクラパ・ディアコヌ(ルーマニア)とのゲームオールジュースの熱戦を制し、優勝。なお、3位には加藤結有子・竹内嘉菜(JOCエリートアカデミー)が入った。

 

カデット男子団体では日本Aチーム(金光、福田)が優勝。決勝では浅津碧利(JOCエリートアカデミー)、三上貴弘(遊学館ジュニア)の日本Bチームと対戦し、3対2で勝利を挙げた。

 

カデット女子団体ではフランスAが優勝。2位にはロシアAが入った。なお、日本チームは出場していない。

 

カデット男子シングルスではシポス(ルーマニア)が優勝。決勝ではウェレツキ(ポーランド)にストレート勝ちで頂点に立った。なお、金光宏暢(JOCエリートアカデミー)が3位に入賞した。また、出雲、髙見、三上、宇田幸矢(Meiji.c.s.c)がベスト8に入賞した。

 

カデット女子シングルスではラング(ベルギー)が竹内を破って優勝。両者は今大会のジュニア女子シングルスでも対戦し、そのときは竹内がストレートで勝利したが、今回は3対1でラングが勝利を収めた。竹内のほか、加藤がベスト8まで駒を進めた。

 

カデット男子ダブルスではシャヒン・イエンレル(トルコ)が優勝。日本勢では福田純大・金光(JOCエリートアカデミー)がベスト8まで進んだが優勝ペアに敗れた。

 

カデット女子ダブルスではA.ディアス・ラング(プエルトリコ・ベルギー)の国際ペアが優勝を果たした。なお、日本選手は出場していない。

 

■ジュニア男子団体

優勝 ロシアA

※3位 日本B(龍崎、硴塚、宮﨑)

 

■ジュニア女子団体

優勝 日本(石川、森田、加藤、竹内)

 

■カデット男子団体

優勝 日本Aチーム(金光、福田)

※2位 日本Bチーム(浅津、三上)

 

■カデット女子団体

優勝 フランスA

 

■ジュニア男子シングルス

優勝 チェン(ポルトガル)

※2位 木造勇人(愛工大附属中)、ベスト8 龍崎東寅(JOCエリートアカデミー)、出雲卓斗(遊学館ジュニア)

 

■ジュニア女子シングルス

優勝 バリント(ルーマニア)

※3位 竹内嘉菜(JOCエリートアカデミー)

 

■カデット男子シングルス

優勝 シポス(ルーマニア)

※3位 金光宏暢(JOCエリートアカデミー)、ベスト8 出雲卓斗、三上貴弘(ともに遊学館ジュニア)、髙見真己(愛工大附属中)、宇田幸矢(Meiji.c.s.c)

 

■カデット女子シングルス

優勝 ラング(ベルギー)

※2位 竹内嘉菜(JOCエリートアカデミー)、ベスト8 加藤結有子(JOCエリートアカデミー)

 

■ジュニア男子ダブルス

優勝 硴塚将人・宮﨑友(JOCエリートアカデミー/帝京)

※2位 緒方遼太郎・龍崎東寅(JOCエリートアカデミー)、ベスト8 木造勇人・髙見真己(愛工大附属中)

 

■ジュニア女子ダブルス

優勝 石川梨良・森田彩音(JOCエリートアカデミー/帝京)

※3位 加藤結有子・竹内嘉菜(JOCエリートアカデミー)

 

■カデット男子ダブルス

優勝 シャヒン・イエンレル(トルコ)

※ベスト8 福田純大・金光宏暢(JOCエリートアカデミー)

 

■カデット女子ダブルス

優勝 A.ディアス・ラング(プエルトリコ・ベルギー)


今大会の記録は、国際卓球連盟(ITTF)、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
日本卓球協会 公式HP http://www.jtta.or.jp/
国際卓球連盟 公式HP http://www.ittf.com