ニュース

ITTFワールドツアー・ドイツオープン 〜平野、伊藤ペアがツアー史上最年少優勝!〜

2014.03.31

3月26〜30日、マグデブルグ(ドイツ)でITTFワールドツアー・ドイツオープンが開催され、女子ダブルスで平野美宇/伊藤美誠(JOCエリートアカデミー/スターツSC)がツアー史上最年少優勝という快挙を成し遂げた。男子シングルスでは水谷隼(DIOジャパン)が2位に入る好成績を収めた。

 

男子シングルスではオフチャロフが地元ドイツで優勝を飾った。決勝では日本のエース水谷と対戦。ゲームを先行される形が続いていたが、第6、第7ゲームと地元の大歓声に後押しされながら、逆転勝利を収め、5度目のワールドツアー優勝。水谷は最終ゲームも競り合ったが、惜しくも敗れ、2012年のジャパンオープン以来の優勝とはならなかった。日本選手では水谷のほか、岸川聖也(ファースト)が世界ランキング10位のサムソノフ(ベラルーシ)にフルゲームの末、勝利を挙げるなど、ベスト8に進出した。

 

女子シングルスでは、シャン(ドイツ)が優勝を飾り、オフチャロフとともに、アベック優勝を飾った。決勝では序盤こそカット主戦型の徐孝元(韓国)と接戦を繰り広げたが、第2ゲーム以降は終始、ペースを握りストレート勝ちで初優勝を果たした。日本選手では森薗美咲(日立化成)が、3回戦でVi.パブロビッチ(ベラルーシ)にストレート勝ちを収めるなど、ベスト8入りを果たした。

 

男子ダブルスでは呂翔/王皓(中国)の中国ペアが優勝。決勝では譚瑞午/ワン・ゼンイ(クロアチア/ポーランド)ペアに3対1で勝利。第2ゲームのジュースの接戦を落としたものの、第3、第4ゲームでは相手を圧倒し、頂点に立った。

 

女子ダブルスでは13歳の平野/伊藤ペアが並みいる強豪を抑え、優勝を果たした。2人は準決勝で先日のカタールオープンで優勝したリ・ホチン/ヌグ・ウィンナム(香港)ペアをフルゲームの接戦で破ると、決勝ではグリボウスカ/パルツィカ(ポーランド)に3対0とストレート勝ち。2人の優勝はワールドツアー(プロツアー含む1996年以降)における最年少優勝となり、その名を歴史に刻んだ。

 

■男子シングルス

優勝 オフチャロフ(ドイツ)

※2位 水谷隼(DIOジャパン) ベスト8 岸川聖也(ファースト)

 

■女子シングルス

優勝 シャン(ドイツ)

※ベスト8 森薗美咲(日立化成)

 

 

■男子ダブルス

優勝 呂翔/王皓(中国)

 

■女子ダブルス

優勝 平野美宇/伊藤美誠(JOCエリートアカデミー/スターツSC)



今大会の記録は、国際卓球連盟(ITTF)、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp