ニュース

ドイツ・ブンデスリーガ 〜プレーオフ決勝進出チームが決定〜

2014.04.23

ドイツ・ブンデスリーガは4月19〜20日にプレーオフ第2戦、2試合が行われた。丹羽孝希(明治大)が所属するフリッケンハオゼンは、デュッセルドルフと対戦するも第1戦に続いて敗れ、準決勝敗退となった。

 

丹羽は決勝進出をかけた重要な1戦に2番で登場。バウム(ドイツ)と対戦しし、1ゲームを先取したが、第2ゲーム以降は接戦を続けて落とし、1対3で敗れた。チームも、0対3で敗れ、準決勝敗退となった。デュッセルドルフはエースのボル(ドイツ)が1番でしっかりと得点するなど、ストレートで勝利し、2年ぶりの決勝進出を決めた。

 

リーグ戦1位のマーベルツェルはザールブリュッケンと対戦し、第1戦に引き続き快勝で決勝に駒を進めた。王熹(中国)、フランジスカ(ドイツ)らが軸となり、プレーオフに入っても盤石の強さを見せている。

決勝は6月8日に行われる予定だ。


■プレーオフ対戦日程

決勝

6/8 TTCRSフルダ・マーベルツェル(リーグ戦1位) - ボルシア・デュッセルドルフ(リーグ戦2位)


☆2014.04.19

 TTCRSフルダ・マーベルツェル 3―0 FCザールブリュッケンTT

○王熹 12,-6,5,9 アポロニア

○フロリッツ -7,8,-4,7,4 トキッチ

○フランジスカ -5,9,6,9 ニュイティンク

 王熹 ― トキッチ

 フロリッツ ― アポロニア

 

☆2014.04.20

 ボルシア・デュッセルドルフ 3−0 TTCマテク・フリッケンハオゼン

○ボル 4,-4,7,9 メンゲル

○バウム -6,9,9,8 丹羽

○アチャンタ 2,4,-9,-10,10 ワン・ヤン

 ボル ― 丹羽

 バウム ― メンゲル

 


今シーズンよりブンデスリーガの全試合の動画が下記サイトで閲覧できる(最新のものから表示されているが、Verein=チーム、Spieler=選手名からも動画を選択できる)。
なお、"TTBL SELECTED"(青いタイトル画面の動画)はラリーのみを抜粋し、1試合5分前後に編集されているダイジェスト版だ。日本の3選手のみならず、ボル、荘智淵、マテネらトップ選手のプレーを見て、「世界のトッププレーの今」を体感してみよう!
http://tv.ttbl.de/ttbl-grosser-traum

ドイツ・ブンデスリーガ公式サイト(ドイツ語):http://www.ttbl.de/startseite
ブンデスリーガ2013-14チーム・選手紹介(PDF・日本語)
ブンデスリーガ2013-14試合日程(PDF・日本語)