ニュース

ジュニアサーキット・ファイナルで木造勇人と黄禹喬が優勝

2015.02.02

1月29〜31日、2014ジュニアサーキット・ファイナルがアスンシオン(パラグアイ)で開催された。ジュニア男子シングルスでは日本の木造勇人(愛工大附属中)が優勝を飾り、2位には龍崎東寅(JOCエリートアカデミー/帝京)が入賞した。ジュニア女子シングルスは黄禹喬(台湾)が優勝を果たし、日本勢では森田彩音、石川梨良(ともにJOCエリートアカデミー/帝京)が2位と3位にそれぞれ入賞した。


ジュニア男子シングルスはともに予選の第1ステージから順調に勝ち進んだ木造と龍崎が決勝で対戦。互いに譲らない展開となり、勝負は最終ゲームへ持ち越された。ジュースまでもつれる激戦となったが、最後は木造のフォアハンド強打が決まり、優勝を決めた。

ジュニア女子シングルスでは黄禹喬が優勝を果たした。決勝では森田にリードを許す展開が続いたが、4対2で逆転勝利を挙げた。敗れた森田は準決勝でグセワ(ロシア)にゲームオールの末に勝利して決勝に進んだが、惜しくも優勝を逃した。石川は優勝した黄禹喬に準決勝で敗れた。


■ジュニア男子シングルス
優勝 木造勇人(愛工大附属中)
※2位 龍崎東寅(JOCエリートアカデミー/帝京)


■ジュニア女子シングルス
優勝 黄禹喬(台湾)
※2位 森田彩音(JOCエリートアカデミー/帝京) 3位 石川梨良(JOCエリートアカデミー/帝京)


今大会の記録は、国際卓球連盟(ITTF)、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
日本卓球協会 公式HP http://www.jtta.or.jp/
国際卓球連盟 公式HP http://www.ittf.com