ニュース

ドイツ・ブンデスリーガ 〜プレーオフ進出チームが決定〜

2015.03.30

ドイツ・ブンデスリーガは3月29日に今シーズンの最終戦が行われ、上位4チームによって争われるプレーオフ進出チームが決定した。すでに3チームがプレーオフ進出を決める中、残りの1枠をかけてザールブリュッケン、オクセンハオゼン、ブレーメンの3チームがプレーオフ争いを繰り広げた。

 

  勝利すればプレーオフ進出が決まる4位のザールブリュッケンはハーゲンと対戦。1番でチームの核であるアポロニア(ポルトガル)がイオネスク(ルーマニア)を3対1で破ると、2番のトキッチ(スロベニア)、3番のマテネ(フランス)も快勝。4強入りに向けてプレッシャーがかかる一戦となったが、選手それぞれが力を発揮してプレーオフ進出を自力で決めた。


 一方、5位オクセンハオゼンと6位ブレーメンは直接対決となった。 オクセンハオゼンは1番で若手のカルデラーノ(ブラジル)がチオティ(ルーマニア)に3対1で勝利して、チームを勢いづけると、2番のピッチフォード(イギリス)、3番のスカチコフ(ロシア)がストレート勝ち。勝利が絶対条件の中で見事、勝利を収めたが、プレーオフ進出には惜しくも手が届かなかった。


 この結果、デュッセルドルフ、グレンツァオ、マーベルツェル、ザールブリュッケンの4チームが4月11日、19日に行われるプレーオフの戦いに挑むことが決まった。

 プレーオフの組み合わせは以下の通りになっている。

 

■プレーオフ対戦日程

準決勝第1戦

☆2015.4.11 

TTC RSフルダ・マーベルツェル(リーグ戦3位) ― TTCツークブリュッケ・グレンツァオ(リーグ戦2位)

FCザールブリュッケンTT(リーグ戦4位) ― ボルシア・デュッセルドルフ(リーグ戦1位)

 

【ドイツ・ブンデスリーガ最終順位】

1位 デュッセルドルフ 17勝1敗
2位 グレンツァオ 13勝5敗
3位 マーベルツェル 13勝5敗
4位 ザールブリュッケン 11勝7敗
5位 オクセンハオゼン 10勝8敗
6位 ブレーメン   9勝9敗
7位 ベルクノイシュタット 7勝11敗
8位 フリッケンハオゼン 4勝14敗
9位 ハーゲン 3勝15敗
10位 ミュールハオゼン 3勝15敗

 

 

■リーグ最終戦試合結果

☆20153.29

 TTCシュヴァルベ・ベルクノイシュタット 0―3 ボルシア・デュッセルドルフ

 メンゲル -4、-9、10、-4 アチャンタ○

 ツボイ -8、-9、-10 フランジスカ○

 デューダ 8、-8、-5、-7 ハイスター○

 メンゲル ― フランジスカ

 ツボイ ― アチャンタ

 

 TTC RSフルダ・マーベルツェル 3―1 TTCマテク・フリッケンハオゼン

○王熹 -13、-10、6、6、8 D.チウ

○フィルス 8、14、3 パイコフ

 ズュース -5、-9、-7 L.チウ○

○王熹 8、9、11 パイコフ

 フィルス ― D.チウ

 

 ポストSVミュールハオゼン 2―3 TTCツークブリュッケ・グレンツァオ

 ヒールシャー -8、10、11、-9、-8 吉田○

○バルドン -8、9、9、11 ガシナ

○ヴォジツキー -6、-4、11、5、8 グロス

 ヒールシャー -9、8、-7、10、-8 ガシナ○

 バルドン 7、-11、-10、-10 吉田○

 

 TTFリープヘル・オクセンハオゼン 3―0 SVヴェルダー・ブレーメン

○カルデラーノ 9、-4、2、8 チオティ

○ピッチフォード 6、-2、-7、6、8 シュテーガー

○スカチコフ 5、9、8 スッチ

 カルデラーノ ― シュテーガー

 ピッチフォード ― チオティ

 

 FCザールブリュッケンTT 3―0 TTCハーゲン

○アポロニア 9、-9、3、9 イオネスク

○トキッチ 9、7、5 バルザー

○マテネ 3、7、5 フェイヤー・コナート

 アポロニア ― バルザー

 トキッチ ― イオネスク

 


今シーズンもブンデスリーガの全試合の動画が下記サイトで閲覧できる。
日本選手だけではなく、ボル、フランジスカ、アポロニアらトップ選手のプレーを見て、「世界のトッププレーの今」を体感してみよう!
http://tv.ttbl.de

ドイツ・ブンデスリーガ公式サイト(ドイツ語):http://www.ttbl.de/startseite
ブンデスリーガ2014-15チーム・選手紹介(PDF・日本語)
ブンデスリーガ2014-15試合日程(PDF・日本語)