ニュース

世界ジュニア女子選考会で佐藤と平野が代表に内定

2015.09.14

9月10〜12日、大阪・羽曳野市総合スポーツセンター(はびきのコロセアム)で2015世界ジュニア選手権フランス大会の女子日本代表選手選考会が行われ、1位の佐藤瞳(札幌大谷高)と2位の平野美宇(JOCエリートアカデミー)が代表に選出された。

 

世界ジュニア代表に内定の佐藤瞳(右)と平野美宇 *写真提供=馬渡卓也
 


 11月29日〜12月6日にフランス・ヴァンデで開催される世界ジュニア選手権フランス大会の女子日本代表選手選考会が行われた。すでに8月発表のITTF18歳以下世界ランキングで日本人最上位の伊藤美誠(スターツSC)が代表入りを決めていたいが、これに佐藤と平野が続いた。
 佐藤はインターハイで痛めたひざの負傷が完治しておらず、痛みをこらえながらも第2ステージを7勝2敗とし首位で終え内定を勝ち取った。同じく7勝2敗の平野も2位となった。
 残る1枠は協会本部推薦となる。

 


今選考会の記録は、公益財団法人日本卓球連盟のホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/