ニュース

中国超級リーグ2015 寧波と北京が優勝

2015.09.14

9月12・13日に超級リーグ2015の優勝チームを決める第2ステージ(決勝トーナメント)が行われ、男子は寧波海天塑機、女子は北京首鋼が優勝した。

男子は第1ステージ2位の寧波が準決勝で3位の山東魯能と対戦。トップで馬龍が方博をゲームオールで下すと2番で林高遠が郝帥を破り、勢いに乗った寧波が閻安/林高遠のダブルスで方博/張超をストレートで破り決勝進出を決めた。山東魯能は5番に控えた張継科の出番はなかった。
第1ステージ首位の八一は4位の山東魏橋と対戦。八一は今シーズン絶好調の樊振東が周啓豪と梁靖崑をストレートで下し2得点、八一はラストで徐晨皓が崔慶磊をゲームオールジュースの末に破って決勝へ。
決勝は寧波の馬龍と八一の樊振東がお互いに前半で1点ずつを挙げて1対1に。ダブルスを閻安/林高遠の寧波ペアが勝って王手をかけると、4番は注目のエース対決馬龍対樊振東。フルゲームの熱戦を制したのは樊振東。勝負はラストにもつれたが、最後は寧波の閻安が徐晨皓を2対1で破り、世界チャンピオン
馬龍を擁する寧波が優勝を決めた。

女子は首位の北京が準決勝で3位の山西と対戦。要のダブルスを取った北京が2対1のリードで迎えた4番、丁寧対劉詩雯の注目の1戦はゲームオールジュースの接戦を制して劉詩雯に軍配。しかし、ラストで山西の車暁㬢が馮亜蘭に敗れて北京が決勝に進出。
2位の武漢は4位の山東と対戦。山東は陳夢が実質的なエースとして後半戦をリードしてきたが、ここでも李暁丹と武楊から2点を挙げる活躍を見せるが、チームは惜しくも2対3で敗れ武漢が勝利。
決勝は第1ステージ首位の北京と2位の武漢という順当な組み合わせとなったが、武漢エースの武楊から馮亜蘭と丁寧が2点を挙げて、北京が2015シーズン混戦の女子を勝ち抜いた。


*1・2・4番は5ゲームズマッチ、3・5番は3ゲームズマッチ、最終ゲームは7点制。
<男子>
☆準決勝(2015.9.12)
 寧波海天塑機 3-0 山東魯能

○馬龍 4、9、-12、-8、7-0 方博
○林高遠 -9、6、5、5 郝帥
○閻安/林高遠 10、7 方博/張超
 馬龍 - 郝帥
 閻安 - 張継科

 山東魏橋創業 2-3 八一大商
○梁靖崑 -10、7、-8、7、7-5 周愷
 周啓豪 -5、-5、-5 樊振東○
○崔慶磊/周啓豪 -10、3、7-4 周雨/徐晨皓
 梁靖崑 -4、-5、-1 樊振東○
 崔慶磊 10、-6、7-9 徐晨皓○

☆決勝(2015.9.13)
 八一大商 2-3 寧波海天塑機

○樊振東 8、8、9 林高遠
 周雨 9、-8、-7、-6 馬龍○
 周雨/周愷 -9、-8 閻安/林高遠○
○樊振東 -4、7、6、-7、7-3 馬龍
 徐晨皓 -5、3、2-7 閻安○

<女子>
☆準決勝(2015.9.11)
 山西大土河・華東理工 2-3 北京首鋼

○劉詩雯 -9、5、9、8 盛丹丹
 江越 -8、4、-2、-8 丁寧○
 車暁曦/江越 -10、8、1-7 文佳/馮亜蘭○
○劉詩雯 9、3、-7、-4、7-5 丁寧
 車暁曦 -8、-4 馮亜蘭○

 武漢安心百分百 3-2 山東魯能
○武楊 7、-9、5、6 范思琦
 李暁丹 5、-6、-5、-9 陳夢○
○劉高陽/李暁丹 -9、3、7-0 顧玉婷/范思琦
 武楊 -7、-7、-7 陳夢○
○劉高陽 10、-7、7-4 顧玉婷

☆決勝(2015.9.13)
 武漢安心百分百 1-3 北京首鋼

 武楊 -5、9、-6、-8 馮亜蘭○
 劉高陽 9、-9、-11、-15 丁寧○
○劉高陽/李暁丹 9、-7、7-3 馮亜蘭/文佳
 武楊 -10、-4、-6 丁寧○
 李暁丹 - 文佳


中国超級リーグ チーム・選手一覧
中国超級リーグ試合日程(PDF)
中国超級リーグ公式サイト(中国語):http://cttsl.sports.cn/