ニュース

山中教子さんが卓球の通信教育を開始

2016.02.24

1960年代の日本の卓球黄金期を支えた元日本代表の山中教子さん(昭和39、41年度全日本選手権大会女子シングルス優勝、1967年世界選手権ストックホルム大会混合ダブルス優勝)が主催するアープ卓球カレッジで、「アープ卓球通信」の第1期会員の募集を開始した。

アープとはARP=Axis(軸)、Rhythm(リズム)、Posture(姿勢)の略で、山中さんが提唱する「速く、強く、美しい動き」を実現するための身体運動理論。入会者にはアープ理論に基づいたテキストや講義、レッスン映像のDVDなどが毎月送付される。サービスの開始は3月1日から。

アープ卓球通信:
http://yakan-hiko.com/meeting/arp/top.html