技術/戦術

【特別企画】張継科のバックハンドドライブ

2018.05.25

<技術特集>

【特別企画】あの男が帰ってきた!
張継科のバックハンドドライブ


 昨年11月のドイツオープン以降、国際大会から遠ざかっていた張継科が、ワールドツアー・香港オープンから中国代表としてカムバックした。ロンドン五輪をはじめ、数々のビッグタイトルを総なめにした男の代表復帰を記念し、特別企画として張継科の基本打法を紹介する。
 今年3月に北京の中国ナショナルチームトレーニングセンターで撮影した映像から、今回は張継科のバックハンドドライブを紹介しよう。



①ロングボールに対するバックハンドドライブ

【バックスイングのポイント】
手首をひねって面をしっかりかぶせる


 デビュー当時、「中国史上最高」と賞賛された張継科のバックハンドドライブは、コンパクトなスイングでボールをしっかりこするように打つのが特徴だ。
 ロングボールに対してバックハンドドライブするときのバックスイングでは、わきを空けてひじを体から離し、手首をしっかりひねることがポイント。そうして、打球面をしっかりかぶせて準備すると、手首を利かせてボールの上の方を強くこすることができるので、球威や安定性が増す。
 体の前傾を深めながらバックスイングしている点も参考にしたい。このように、体を小さくまとめると、スイングのパワーを効率よくためることができる。




【スイングのポイント】
手首を鋭く返してボールの上を強くこする


 手首をひねり、打球面をかぶせたら、ひねった手首を返しながらスイングする。このように、手首をしっかり利かせてボールを強くこすることが、張継科のバックハンドドライブの大きな特徴だ。ひじを動かしすぎないよう注意し、手首を鋭く返しながらボールの上の方をこすろう。
 手首を利かせることが大切とはいえ、手首だけをむやみに動かすのは禁物だ。ひじを支点に、前腕(ひじから先)を斜め上に動かしながら、その範囲内で手首を動かすことを心掛けよう。

 



②下回転のボールに対するバックハンドドライブ

【バックスイングのポイント】
ボールに目線を合わせるように姿勢を低くする

 

 下回転のボールに対してバックハンドドライブするときは、ボールの高さに目線を合わせるように姿勢を低くすることがポイントになる。低い姿勢で準備すると、目測が正確になる上に、ラケットを下から上に振り上げることができるので、下回転に対してネットミスしにくくなる。両足のひざを深く曲げ、低い姿勢でバックスイングしよう。
 バックスイングを取るときの腕の動きでは、ロングボールに対するときと同様、わきを空けてひじを体から離し、ラケットの先を自分の方へ向けるように手首をしっかりひねることがポイントだ。



【スイングのポイント】
手首を鋭く利かせて斜め上にスイング


 低い姿勢でバックスイングしたら、ラケットを斜め上に振り上げてスイングする。ロングボールに対するときと同様、準備でひねった手首を鋭く返しながら斜め上にスイングし、ボールの正面または少し上の方を強くこすり上げよう。腕だけを動かそうとするのではなく、両足で床を強く押す勢いを利用することが、力強くスイングするためのポイントだ。
 この技術の精度を高めるためには、上体を軽く起こす勢いを使うことも意識しよう。

 

 

【張継科関連ページ】
【ジャパンオープン】張継科「最後まであきらめずに戦うことができた」
あの男が帰ってきた! 張継科インタビュー「自分にはまだチャンスがある」
【特別企画】張継科のフォアハンドドライブ


 

(まとめ=猪瀬健治)