技術/戦術

第5回 バックハンドドライブを究める!(岸川聖也)

2018.06.29

<シリーズ「究める!」>


kiwameru05-prof.jpg今月の達人 岸川聖也(ファースト)
勝つために欠かせないテクニックを達人がレクチャーする「究める」シリーズ。第5回は、岸川聖也選手(ファースト)がバックハンドドライブを究めるポイントを伝授する。

※本文の技術解説は右利きプレーヤーを想定しています
 


 スピーディーな現代卓球では、フォアハンドだけでなく、バックハンドを磨くことが重要なのはいうまでもない。今回は、日本におけるバックハンドのパイオニアであり、スペシャリストの岸川選手が、ロングボールに対するバックハンドドライブを究めるポイントを教えてくれた。



【究めるポイント①】
ラケットを高く構えて準備

 

達人からのアドバイス
 バックハンドドライブするときは、わきを空けてひじを体から離し、ラケットを体の正面あたりに構えます。打球面は、ボールをこすり打てるようにかぶせておきましょう。
 このときに大切なのは、「ラケットを下げすぎない」ことです。ロングボールに対してバックハンドドライブするときに、バックスイングでのラケット位置が低すぎると、スイングの軌道が下から上になりすぎて、打球がオーバーしたり、打ち損じたりしやすくなります。
 この注意点を踏まえ、この技術でバックスイングを取るときは、ラケットを台と同じくらいの高さに構えて準備してください。




【究めるポイント②】
ひじを動かしすぎないようスイング


達人からのアドバイス
 ラケットを台と同じくらいの高さに構えて準備したら、ラケットを斜め上に振り出してボールの正面より上をこするように打ちます。
 スイングのポイントで重要なのが、「ひじを動かしすぎない」ことです。スイング中にひじが動きすぎてしまうとスイング方向や打球面がブレやすくなり、ボールを正確に捉えることができません。ひじの位置はできるだけ動かさないよう意識し、前腕(ひじから先)を使ったコンパクトなスイングを心掛けましょう。




【究めるポイント③】
手首を利かせて回転をかける


達人からのアドバイス
 バックハンドドライブを安定させるためには、回転をかけることがとても重要になります。回転をかけると打球が弧線を描くため、ボールを思い通りにコントロールしやすくなるからです。
 そして、回転をかけるには「手首を利かせてスイングする」ことがポイントになります。具体的には、バックスイングでバック側に向けたラケットの先を打球方向へ向けるように手首を利かせてスイングしてみてください。このような手首の使い方を意識すると、ボールを十分にこすることができるので打球の安定性が高まるでしょう。
 手首をスムーズに使うためには、先述したように、ひじを安定させることがポイントになります。ひじを動かしすぎないよう注意し、手首を利かせたスイングを心掛けて、回転がしっかりかかったバックハンドドライブを身に付けてください。



 


<シリーズ「究める!」>
第1回 逆横下回転サービス(平野友樹)
第2回 カウンタードライブ(平野友樹)
第3回 ブロック(笠原弘光)
第4回 フォアハンドドライブ(笠原弘光)

 

(取材/文=猪瀬健治 写真/動画=小松賢)
 



サイン色紙プレゼント!
岸川聖也選手のサイン色紙を10名様にプレゼント。
プレゼントご希望の方は、注意事項をお読みの上、下記のアドレスにメールをお送りください。
当選された方にはこちらからご連絡いたします。締切は7月20日24時00分です。
メールアドレス:takurepo_present_1806@butterfly.co.jp


<注意事項>
・メールの件名は「岸川聖也サイン色紙プレゼント」としてください

・メールの本文に「本企画についてのご意見、ご感想、また卓レポ.comへのご要望」をご記入の上、お送りください。