技術/戦術

【特別企画】Q.なぜ、ボルは強いのか? A.強烈な回転のループドライブ①

2018.08.24

<技術特集>

【特別企画】
Q.なぜ、ボルは強いのか?
A.強烈な回転のループドライブ
フォアハンドのループドライブ

 


 2018年3月の世界ランキングで1位に輝いたティモ・ボル(ドイツ)。若手が次々に頭角を現し、ルール変更が繰り返される中にあって、37歳になったボルの強さが色あせないのはなぜか。この特別企画では、ボルと練習や試合を重ねてきた岸川聖也(ファースト)の証言をもとに、ボル本人の自己分析を交えて、ボルの強さを数回にわたって紐解いていく。



■岸川聖也の証言
「ループドライブが、ボルの一番の特徴」

 


 ボルはどんな技術でも超一流ですが、その中でも回転量の多い両ハンドドライブは彼の一番の特徴だと思います。
 特に、ボルのループドライブ(前進回転を強くかけるドライブ)は日本人にはない回転の強さがある上に、ボールの軌道が低くてバウンドが浅いんです。そのため、カウンターで攻め返すことが難しく、どうしてもブロックで対応することが多くなります。そうなると、ボルに両ハンドドライブで畳み掛けられ、不利な展開になってしまいます。
 ボルのループドライブに対応するのは本当に大変で、慣れようとするだけでゲームが進んでしまいます。ボルと初めて対戦する選手は、彼の回転量に慣れる前に試合が終わってしまうことも多いと思います。

 



■ボルの自己分析
「低くて浅いループドライブはよく効く」

 


 私は、毎回ラリーを分析しています。そして、これが効くと思ったら、それを繰り返し使います。私のループドライブは軌道が低くてバウンドが浅いのでよく効くため、とても多く使っています。
 (ボールがプラスチック製になった)今は、ボールにそれほど回転がかかりません。そのため(軌道が高いと狙い打たれるため)、ループドライブは低くコントロールすることが大切です。



 

■ボルのフォアハンドのループドライブ
ポイント① 左足を前に出して低い姿勢でバックスイング

 

 両ハンドからの回転量の多いループドライブは、ボルの強さのベースになる技術だ。今回は、台からワンバンドでぎりぎり出てきた下回転のボールに対してフォアハンドでループドライブするときのポイントを、ボルのコメントを交えながら紹介していこう。
「フォアハンドでループドライブするときは、左足(右利きの選手は右足)を出しながら姿勢を低くすることが大切」とボルは語るが、この技術を行うときは、低い姿勢でバックスイングすることも不可欠だ。そうすることで、下から上にスイングできるのでボールをこすり上げやすくなる。加えて、姿勢を低くするとボールに目線が近づき、より正確に打球しやすいメリットも生まれる。
 バックスイングで姿勢を低くするときは、上体が起き上がらないよう注意しながら両足のひざをしっかり曲げよう。

 



ポイント② 下から上にスイングし、
ボールを柔らかくこするイメージで打つ


 次にスイングのポイントを見ていこう。
 ボルは、左足を前に出した低い姿勢から、ボールをしっかり引きつけてラケットを下から斜め上に振り上げ、ボールをこすり上げている。「ボールを柔らかく捉え、強く当てないようにします。そうして、しっかり回転をかけてコースを狙います」というボルの打球イメージも参考にしてほしい。
 また、ボルのスイングで見逃せないのが、フォロースルー(打球後のラケットの動き)を小さくまとめている点だ。このコンパクトなフォロースルーが、次球へのスムーズな連続攻撃を可能にしている。



 

動画はこちら↓

 

【ボル関連ページ】
ティモ・ボル インタビュー「プレーしているのは常に自分なのです」
【特別企画】Q.なぜ、ボルは強いのか?  A.ストップしにくいサービス①
【特別企画】Q.なぜ、ボルは強いのか?  A.ストップしにくいサービス②
 

 

サイン色紙プレゼント!
ボル選手のサイン入り色紙を10名様にプレゼント。
プレゼントをご希望の方は、注意事項をお読みの上、下記のアドレスにメールをお送りください。
当選された方にはこちらからご連絡いたします。締切は8月31日24時00分です。
メールアドレス:takurepo_present_1807@butterfly.co.jp

<注意事項>
・メールの件名は「ボルサイン色紙プレゼント」としてください
・メールの本文に「本企画についてのご意見、ご感想、また卓レポ.comへのご要望」をご記入の上、お送りください。
・当選の場合はメールでご連絡いたしますので、@butterfly.co.jp からのメールを受信できるようにしておいてください

(取材/文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘 動画=小松賢)