技術/戦術

【特別企画】Q.なぜ、ボルは強いのか? A.強烈な回転のループドライブ②

2018.09.07

<技術特集>

【特別企画】
Q.なぜ、ボルは強いのか?
A.強烈な回転のループドライブ
バックハンドのループドライブ

 


 2018年3月の世界ランキングで1位に輝いたティモ・ボル(ドイツ)。若手が次々に頭角を現し、ルール変更が繰り返される中にあって、37歳になったボルの強さが色あせないのはなぜか。この特別企画では、ボルと練習や試合を重ねてきた岸川聖也(ファースト)の証言をもとに、ボル本人の自己分析を交えて、ボルの強さを数回にわたって紐解いていく。



■岸川聖也の証言
「両ハンドで質の高いループドライブを打てることが、ボルの強み」

 


  回転量の多い両ハンドドライブはボルの一番の特徴だと思います。ボルのループドライブ(前進回転を強くかけるドライブ)は日本人にはない回転の強さがある上に、軌道が低くてバウンドが浅いんです。そのため、カウンターで攻め返すことが難しく、ブロックで対応することが多くなります。そうなると、ボルに両ハンドドライブで畳み掛けられ、不利な展開になってしまいます。
 ボルのループドライブはフォアハンド、バックハンドとも非常に質が高く、慣れようとするだけでゲームがかなり進んでしまいます。ボルと初めて対戦する選手は、彼の回転量に慣れる前に試合が終わってしまうことも多いと思います。



 

■ボルのバックハンドのループドライブ
ポイント① 両足のひざを曲げ、低い姿勢でバックスイング

 

 フォアハンドだけでなく、バックハンドからも同じように猛烈に回転のかかったループドライブを打てることが、ボルの大きな強みだ。今回は、台からワンバンドでぎりぎり出てきた下回転のボールをバックハンドでループドライブするときのポイントを紹介しよう。
 ワンバンドでぎりぎり出てきた下回転のボールをバックハンドでループドライブするときは、前回紹介したフォアハンドのループドライブ同様、姿勢を低くして準備することがポイントだ。低い姿勢からラケットを振り上げることで、ボールに強く回転をかけやすくなる。両足のひざを深く曲げ、ボールに目線を合わせるように姿勢を低くしているボルの準備動作を参考にしてほしい。このとき、上体を前傾させながらも背すじはピンと伸びているところも、スムーズにスイングするために見逃せないポイントだ。
 腕の動きでは、ラケットの先を自分の方へ向けるように手首をひねることが重要になる。この準備により、ひねった手首を返す勢いでボールを強くこすり上げることができる。

 



ポイント② 足の位置を微調整し、
体の正面でボールを捉える


 低い姿勢からラケットを上方向へ振り上げ、準備でひねった手首を返しながらボールをこすり上げることが、バックハンドのループドライブのスイングの要領になる。
 ボルがこの技術を行うときに最も意識しているポイントは、ボールを捉える位置だ。
「バックハンドのループドライブは、『常に体の前で打つ』ことが重要になります。そのためにはフットワークがポイントです。バック側のサイドラインを切るようなコースにボールが来たら、バック側に右足(右利きの選手は左足)を一歩出します。一方、ミドル(体の近く)に来たボールに対してバックハンドのループドライブを使うときは、フォア側に左足(右利きの選手は右足)を一歩出します。このようにフットワークを使い、常に体の前で打つようにすることで、良いショットが打てます」とボルが語るように、できるだけ体の正面でボールを捉えると、打球がより正確になり、力も入りやすくなる。
 また、ボルは「ボールを柔らかく捉える」ことを意識しているそうだ。ボルのこの打球イメージも参考にして、バックハンドのループドライブを磨いてほしい。



 

動画はこちら↓

 

【ボル関連ページ】
ティモ・ボル インタビュー「プレーしているのは常に自分なのです」
【特別企画】Q.なぜ、ボルは強いのか?  A.ストップしにくいサービス①
【特別企画】Q.なぜ、ボルは強いのか?  A.ストップしにくいサービス②
【特別企画】Q.なぜ、ボルは強いのか?  A.強烈な回転のループドライブ①

 

(取材/文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘 動画=小松賢)