技術/戦術

【特別企画】高速サウスポー林高遠のテクニック 世界一の精度を誇る前陣バックハンドカウンター

2018.12.04

<技術特集><高速サウスポー 林高遠のテクニック>

【特別企画】
高速サウスポー 林高遠のテクニック
世界一の精度を誇る前陣バックハンドカウンター

 

 中国男子は総じてパワフルな選手が多いが、パワーではなく、速さで頭角を現している選手がいる。その名は、林高遠(リン ガオイェン)。安定性が極めて高い前陣カウンタープレーで世界ランキングを駆け上がっている、中国期待のサウスポーだ。
 この特別企画では、林高遠の技術を、中国ナショナルチームの合宿所で撮影した連続写真で紹介する。第2回は、ドライブに対する前陣バックハンドカウンターにフォーカスしよう。


 ボールがプラスチック製に切り替わる以前は、バックハンドのカウンタードライブは極めて難度の高い技術だった。しかし、プラスチックボールになって打球の回転量が若干減ったことにより、今では多くのトップ選手がバックハンドのカウンタードライブを積極的に取り入れ始めている。
 その中でも、林高遠の前陣バックハンドカウンターの精度は群を抜いており、彼のフラッグシップになっている技術だ。



ポイント①
相手のドライブがバック側に来るよう仕向ける


 林高遠の前陣バックハンドカウンターは世界ナンバーワンの精度を誇る。それは、バックハンドカウンターの技術そのものが優れていることはもちろんだが、彼が「相手のドライブが自分のバック側に来るようにうまく仕向けている」ことも大きな理由だ。
 その一例を挙げよう。
 写真A-1〜5は、林高遠が前陣バックハンドカウンターで3球目攻撃するときによく使うフォアハンドでの横回転系サービスだ。
 このサービスは、右利きの相手のフォア側のサイドラインを切るようなコースに曲がる。加えて、サービスの長さは、相手コートでぎりぎりツーバウンドしないくらいの絶妙な長さだ。そのため、相手は台からぎりぎり出てきたボールをドライブでレシーブすることを余儀なくされるが、コースが厳しいため、左利きの林高遠のバック側にドライブせざるを得ない。そのドライブを待ち構え、前陣バックハンドカウンターで仕留めるのが、林高遠が得意とするパターンだ。
 このほか、林高遠は自分がレシーバーのときに、写真のサービスと同じようなコースにストップレシーブを送り、4球目を前陣バックハンドカンターで狙うパターンも得意とする。
 前陣バックハンドカウンターは、1球前のボールを相手がどこにでも打ち分けられそうなコースに送ってしまうと、成功させることが難しくなる。これは、林高遠にとっても例外ではない。
 林高遠の前陣バックハンドカウンターの精度の高さは、相手が自分のバック側にドライブを打ってくるよう、下ごしらえをしっかり行っていることがベースにあることを、まず知っておこう。

 

ポイント②
台から距離を取ってドライブを待ち構える


 1球前のボールを相手がこちらのバック側にドライブしてくるようなコースに送ったら、台から素早く距離を取ることが、前陣バックハンドカウンターを成功させるために林高遠が行っているポイントだ(写真B-3)。
 前陣でバックハンドカウンターするとはいえ、ドライブを待ち構えるときに台に近すぎると、相手のドライブに対して慌ててしまいやすいし、ラケットも思うように振ることができない。
 そこで、林高遠のように台から適度に距離を取っておくと、時間の余裕ができる上に、ラケットをしっかり振るためのスペースをつくることができる。
 台から距離を取るときは、前傾姿勢を崩さないよう注意して、後ろに素早く足を運ぼう。


 

ポイント③
横方向へのスイングで打球の飛距離を抑え
下方向へのフィニッシュで相手の回転を抑える


 続いて、前陣バックハンドカウンターのスイングを見ていこう。
 ひじを体から適度に離してバックスイングし、上体を軽く起こしながらスイングするのは前回紹介した前陣でのバックハンドドライブと同じだが、この技術のポイントはスイング方向だ。
 林高遠は横方向へほぼ水平にラケットを振り抜いているが(写真C-2〜
3)、このように前ではなく横方向へスイングすると、打球の飛距離が抑えられるのでボールが相手コートに収まりやすい。このとき、ラケットを前方向へ振ってしまうと打球がオーバーしやすくなるので注意しよう。
 フォロースルー(打球後のラケットの動き)でラケットを下方向へ動かしているところも要注目だ(写真C-4)。林高遠のように、フォロースルーでラケットを下に押さえつけるイメージでスイングすると、相手のドライブの回転量を抑えつつ、自分から回転をかけ返しやすくなる。
 このように、横方向へのスイングとラケットを下に押さえつけるようなフォロースルーで「自分の打球の飛距離」と「相手のドライブの回転量」の2つを抑えるからこそ、林高遠の前陣バックハンドカウンターの精度は高いのだ。


動画はこちら↓


林高遠選手サイン色紙プレゼント!
林高遠のサイン色紙を6名様にプレゼント。
プレゼントご希望の方は、注意事項をお読みの上、下記のアドレスにメールをお送りください。
当選された方にはこちらからご連絡いたします。締切は2018年12月7日23時59分です。
メールアドレス:takurepo_present_1807@butterfly.co.jp

<注意事項>
・メールの件名は「林高遠サイン色紙プレゼント」としてください
・メールの本文に「本企画についてのご意見、ご感想、または卓レポ.comへのご要望」をご記入の上、お送りください
・当選の場合はメールでご連絡いたしますので、@butterfly.co.jp からのメールを受信できるようにしておいてください

(解説=猪瀬健治 取材/写真=岡本啓史 取材/動画=小松賢)